日本列島マンホールカードの旅26 東京都特別編

11月25日 水曜日 日本列島マンホールカードの旅26

 

こんばんは。

 

約1か月間のブランクとなりましたが、久々の「日本列島マンホールカードの旅」です。11月19日木曜日、約8か月遅れで「東京都特別版」カードの配布が始まりました。

通常、マンホールカードは、エリアごとに縁取りが決められていますが、「東京都特別版」では特別色となる金色の縁取りが特徴です。

f:id:Masa_S:20201124071302j:plain f:id:Masa_S:20201124071320j:plain

ホルダーからシートを外せばもう少し見やすいのですが、一度外すと再集録が面倒なホルダーのため、シートに入れたままでの撮影です。ご容赦ください。

「東京都特別版」は全部で12種類ありますが、現時点では9種類をいただきました。

基本的に漫画・アニメ題材としたカラーマンホールが描かれています。おそらくは稲城市機動戦士ガンダムが一番人気だと推測しますが、どうなのでしょうか。

アニメで活躍するメカニックデザイナー大河原邦男さんのご出身地稲城市ということで、ガンダムも建てられています。そのガンダム像が目印の「いなぎ発信基地ペアテラス」で配布されているのが、稲城市特別版マンホールカードです。

ただ、JR南武線稲城長沼下車なので、近隣にお住いの方は別として、都心で働く中でフラリと立ち寄ることはできません。わたしもわざわざ貰いに行きました。

他にも、世田谷区のウルトラマン千代田区鉄腕アトムといった有名どころから、(失礼ながら知らない)杉並区公式アニメキャラクター「なみすけ」、豊島区の「池袋PRアニメ」といったところまで、幅広い12種類のカードがあります。

 

わたしは残り3種類、小平市東久留米市東村山市という、わたしにとって訪れる機会の少ない場所ですが、休日にクルマで訪れてみようと思っています。

なお、配布場所によっては、休館日や昼休みで配布中止の場合があります。事前によくご確認の上、お出かけください。

 

また、先日、第13弾の詳細も発表されていますね。12月に配布開始が予定されていますが、ココにきて新型コロナの感染再拡大の兆候があり、予定どおり配布開始となるか気になるところです。くれぐれも感染には注意して、カード収集を楽しみたいものです。