【特集】年間アワード2020 乗り物

11月24日 火曜日 【特集】年間アワード

 

こんばんは。

 

いよいよ12月足音も聞こえる時期になりましたね。

「年間アワード」は、この1年に投稿した中で、厳正な審査のもとで各賞を決定します。これから3週間にわたり、不定に、テーマごとに発表して参ります。

2019年に始まった「年間アワード」、昨年と同じ11月24日である本日スタートです。初日となる本日は、火曜日テーマ「乗り物」の各賞を発表致します。

 

■ 2019年の「年間アワード2019 乗り物」

2019年の「乗り物」で「最多★賞」に輝いたのは、2019年12月10日「クルマのはなしvol23」でした。”もしも宝くじが当たったら”という妄想の中、自分が購入して保存したいクルマ10台厳選し、記事にしたものです。現実にはそうした余裕などありませんが、妄想の中ではいつも買い揃えたいクルマを考えています。

 

■ 最多★賞2020

2019年「年間アワード」以降に投稿された記事の中で、最も★が多かった記事に贈られる「最多★賞」、2020年のグランプリに輝いたのはコチラです。

今年は★69個で、「乗り物173 在来線のはなしvol30」が獲得しました。

列車の発車時に鳴る発車メロディーですが、発車を知らせ、駆け込み乗車にならないよう注意喚起するはずが、今では駆け込み乗車を助長している可能性があり、JR東日本では2018年、常磐線半年余りをかけて発車メロディー抑制実証実験を行いました。

結果的に、駆け込み乗車を3割減らすことができたのでした。

わたしは日頃、(とりわけ地下鉄ですが)幾重にも大音量発車メロディーが重なり合い、とても不快に感じることがあります。もちろん、視覚障がいの方や、耳の遠い方への配慮は必要ですが、そもそも駆け込み乗車をなさることは少ないはずです。

駅の改札外にまで聞こえるほどの大きさで流す必要はないと思い、記事にしました。

 

■ 不人気記事賞

反対に、最も★が少なかったのは「乗り物153」で★12個でした。

2019年に発生した北陸新幹線長野新幹線車両センターの浸水被害により、北陸新幹線E7系10編成廃車となりました。このため、上越新幹線置き換え用に製造中だったE7系北陸新幹線用に優先充当する必要性が生じ、上越新幹線では、2020年度末としていたE4系退役を延長することになりました。新潟駅デジタルサイネージでは、「Maxとき君」から、”また新潟で会える日を待ってるよ”というほんわかメッセージが掲出されていました。新型コロナの影響で、GWお盆帰省も大きく控えられたであろう今年、E4系「Maxとき君」に出会えた人はどれほどいたのでしょうか。

また同記事では、山形新幹線用に新開発のE8系もご紹介しました。

 

■ 投稿者特別賞

この賞は、最多・最少の★に該当しなかった記事の中で、わたしが最も力を入れ、印象に残る記事に対して贈られる賞です。2020年の「投稿者特別賞」はコチラです。

最多・不人気記事の各賞が鉄道ネタだったことから、「乗り物」の主要テーマである「クルマ」からの選出も考えましたが、2020年という年は「新型コロナ」抜きに語ることはできません。そこで、多くの★もいただいた「バスのはなしvol7」を選びました。

公益社団法人 日本バス協会ガイドラインからいくつか抜粋しましたが、半年経過した今では、すっかり見慣れた光景になりましたね。運転者横の防護スクリーン最前列席の使用制限など、飛沫感染対策が講じられて久しいです。

また、バスでは無いですが、電車内でも「抗菌 抗ウィルス」というシールを見ます。鉄道やバスの事業者も、最大限の努力をされているのが分かりますね。

 

投稿数では「クルマのはなし」が多かったのですが、2020年のアワードは、以上のような結果となりました。今後も各テーマの「年間アワード」を不定期投稿します。