歌謡曲114 昭和の偉作vol3~人形の家~

1月19日 火曜日 歌謡曲114

 

こんばんは。

 

1月よりスタートした「昭和の偉作」シリーズ、第3回目は、昨年他界した弘田三枝子さんが歌唱した「人形の家」です。作詞家・なかにし礼さんの歌詞際立ちます。

f:id:Masa_S:20210114203751p:plain

なかにし礼さんの作品には、敢えて侮蔑的な表現で言えば、強烈な表現で描かれる「女」が時折登場します。「恋の奴隷」(歌・奥村チヨさん)などにも見られますが、言いなりで、都合よく扱われるような存在として描かれます。

 

遊びの関係の女性を描くにも、女性の主体性は残されています。たとえばその関係を多く歌ったテレサ・テンさんの「愛人」(作詞・荒木とよひささん)の歌詞を見ます。

「あなたが好きだから それでいいのよ」と歌い出し、「この部屋に いつも帰ってくれたら わたしは待つ身の女でいいの」「心だけ せめて残してくれたら わたしは見送る女でいいの」と、立場を弁えながらも尽くそうとする女性の心情が描かれます。

 

しかし、「人形の家」は、たしかに「あなたに嫌われ」た、つまりは破綻した恋だと冒頭で理解させていますが、「愛されて 捨てられて 忘れられた」「待ちわびて 待ちわびて 泣きぬれる」と、あまりに酷い扱いを受けています。まるで「ほこりにまみれた人形みたい」な「女」には、「愛人」に見たような主体性が感じられないのです。極端に言えば、使い捨てですね。それでも「私はあなたに命をあずけた」結びます。

発表年が1969(昭和44)年とは言え、あまりの表現にはいささか驚きます。わたしは、コレは人気作詞家・なかにし礼さんの手法だと思っていました。メロディを聴いて好きになる曲は多くとも、詞は二の次ということも少なくないでしょう。そこに強烈な歌詞を並べて、敢えて作詞家としての存在主張するための手法なのだとー。

 

わたしのこの推測が誤りであることを知ったのは、なかにし礼さんの晩年です。

彼に大きく影響を与えた出来事に、戦争という体験がありました。満州終戦を迎えた幼い彼にとって、その記憶は相当なモノだったと推測します。

1946(昭和20)年8月14日外務省在外邦人について「できる限り現地に定住させる」との方針を打ち出しました。終戦の1日前ですね。

「顔も見たくないほど あなたに嫌われる」のは「とても信じられない」、都合よく「愛されて 捨てられて 忘れられた」「私」は、まるで「ほこりにまみれた人形みたい」な存在、その扱われように、もはや「私」の「愛が消えた」ものの、その運命自由に決められず「あなたに命を預け」るしか無いのです。

「女」である「私」を在外邦人、「男」であろう「あなた」を日本国置き換えたとき、破綻した男女関係を描いたはずの歌詞に隠された世界が浮かび上がります。在外邦人の一人であったなかにし礼さん自身、この歌の「女」の気持ちだったのでしょう。

そんな酷い仕打ちを受けながら「かりそめの恋 心のたわむれ」とは「思いたくない」と、「愛が消えた」はずの今も、どこから「男」を頼りたい気持ちもあったようです。

 

あまりに強烈な表現は、戦争という大きな出来事を背景に持つが故の強さであり、だからこそ(在外邦人の)主体性など与えられないことにも合点がいきます。

なんて強烈な歌詞なのだろうーそう感じていましたが、コレでも、当時の社会風刺男女関係に置き換え、オブラートに包んだ表現だったと知ると、逆に作詞家・なかにし礼さんの中に溜まった戦争体験へのマグマの大きさを感じずにはいられません。

 

その歌詞と、川口真さんの曲が見事に調和した「人形の家」の動画をご覧ください。

作詞家と歌い手がともに没した2020(令和2)年。改めてこの曲の良さを感じます。

乗り物188 クルマのはなしvol44~トミカの世界2 LV-N224a~

1月18日 月曜日 乗り物188

 

こんばんは。

 

昨年11月10日以来2か月ぶりの「トミカの世界」です。今夜は1月9日発売となりましたコード「LV-N224a」です。東京駅八重洲地下街にあるトミカショップを訪れたのは発売3日後ですが、既に完売人気ぶりで、基本的に再入荷は無いとのこと。予告を見て狙っていただけに、都内某所で在庫があり、購入できてホッとしました。

 

実車情報

f:id:Masa_S:20210115091110p:plainf:id:Masa_S:20210115091124j:plain

かつて「マークⅡ」「クレスタ」とともに、3兄弟でアッパーミドルクラス牽引した「チェイサー」最終型をモデルにしたのが「LV-N224a」です。

3兄弟の中で、最もスポーティ性格を与えられ続けた「チェイサー」の集大成とも言って良いのではないでしょうか。前後オーバーハングを切り詰めながら、ハードトップ特有のスタイリッシュラインシャープな顔つきが印象的です。もしバブル期に登場していれば、バカ売れしたのではないか、と思う出来栄えです。

「CHASER」は「狩人・夢追人」を意味する英語で、弓矢エンブレムが光ります。エンジンは1.8ℓ、2.0ℓ、2.5ℓ、3.0ℓのガソリン車と、2.4ℓのディーゼル車が用意されました。二系統構成は兄弟共通ですが、スポーティな「ツアラー」系が最も売れたのは、やはり性格が最もマッチしている「チェイサー」でした。

しかし、高級車、セダン(ハードトップ)というジャンルに落日が訪れて長く、さすがのトヨタもこのジャンルに3兄弟を提供し続けられませんでした。「クレスタ」と統合され「ヴェロッサ」へと移行し、6世代24年に及んだ「チェイサー」は消滅しました。

特に「ツアラー」系の中古車市場は高騰し、300万円超えも見られる人気車です。

 

■ LV-N224a

f:id:Masa_S:20210113175639j:plain

前回同様、その再現の忠実さを見て行きましょう。

f:id:Masa_S:20210113175724j:plain

まずはフロント。「ツアラー」系を示すオレンジ色ターンシグナル再現されています。バンパーの吸気口は横線基調斜めに切れ込むフロントライト丸目4灯で、実車忠実に再現しています。今のトヨタにこのデザインは無理なのでしょうか・・・。

f:id:Masa_S:20210113185544j:plain

パッケージに近い角度です。

f:id:Masa_S:20210113185724j:plain

サイド無駄の無い面構成伸びやかライン、切れ上がったリアと、こちらもなかなかの再現度の高さだと思います。

f:id:Masa_S:20210113190731j:plain

リアは、「ツアラー」系の配色、上下2段で再現されています。荷物の積み下ろしを考慮し、バンパーのすぐ上まで開くトランクなど、細かい部分も抜かりなしです。

f:id:Masa_S:20210113191307j:plain

せっかくなので真上からも撮影しました。前後オーバーハングのバランス、ウィンドウエリア角度など、ミニカーを見ながら、実車素性の良さを感じるのです。

 

LV-N224aを見ました。実車が本当に綺麗なので、それを再現してくれているのが嬉しい限りです。わたしの採点では92点です。再現度を言えば2点気になりました。

一つはボディカラーです。色はなので、問題無いのですが、ややアイボリー気味な濁りを感じます。このクルマの面構成の美しさを出すには、もう少しパール感があると、光の反射が活きると思うのですが、ミニカーなので少し欲張りすぎでしょうか・・・。

もう一つは、フロントグリルです。形状自体は忠実なのですが、少しだけ縁取りモールが太すぎて、後付けカスタムパーツのように見えてしまいます。もう少しだけ細くできれば、よりシャープな顔つきの実車に近づく気がするのです。

 

 

とは言え、非常に楽しみにしていたLV-N224a、出来の良いミニカーだと思います。気になる方は在庫のあるうちに、手に入れられることをオススメします。

さりげなく、無駄も無い上質さへの憧れーLV-N224aでした。

今日は何の日?~1月17日編~

1月17日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

 

いざ国難・緊急事態というときに、いったいどこに向かって働いているのでしょうね。誰から選ばれ、誰のお金で働いているのか、その原点がまったく置き去りにされている気がします。誰がやっても満点な回答などあり得ませんが、多くの人が及第点と思えるような動きくらいは見せて欲しいものです。あらゆる情報や英知を集結し、さらに心一つにすべきときだと思うのですが。さて1月17日、過去に大惨事が起きた日です。

 

1月17日=おむすびの日 です。

ごはんを食べよう国民運動推進協議会2000(平成12)年制定したもので、現在は、同協議会から理念を引き継いだ公益社団法人 米国安定供給確保支援機構」が管理推進している記念日です。1月17日とされた理由は、1995(平成7)年の同日、阪神淡路大震災が発生し、ボランティアの炊き出しにより心が結ばれたから、です。

あれから26年ですか・・・早いですね。わたしは丁度大学入試の年でした。

普段あまり揺れない徳島県の我が家も、珍しく大揺れしたので驚きました。阪神高速がY字の支柱ごと倒れている映像は、あまりに衝撃的でした。それでも、京阪神私立大学にも受験に行きました。西宮のとある大学に向かう道がボコボコだったのを見て、現地の被害の大きさを感じたのでした。

おむすびが、人の結び、胃袋を満たした記念日なのですね。

 

さて、せっかくなので、好きな「おむずびの具材」ランキングをご紹介します。サイト「みんなのランキング」から、2020年11月25日に集計されたアンケート結果です。

第5位 昆布の佃煮

第4位 辛子明太子

第3位 梅干し

第2位 ツナマヨネーズ

第1位 鮭

という結果です。面白いのは、40代までは上位にくるツナマヨネーズが、50代ではランキングから消えていること。マヨラーなわたしも50代になると胃もたれするのでしょうか。血液型別で見ると、我がB型はなんと王道の具材を好む傾向に。O型の高菜漬けや、AB型の釜揚げしらすが上位に来るのは面白いところです。

いずれにせよ、おむすび、美味しいですよね!

1月17日は「おむすびの日」です。

温かいご飯と、好きな具材でおむすびを作ってみてはいかがでしょうか。

気になるニュース 1月9日~1月15日

1月16日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

木曜日の「ア・ラ・カルト」では、過去の1月の出来事を写真で振り返りましたが、やはり今年は例年とは違う状況です。仕事はやむないとして、なるべく不要不急外出を控える、感染拡大を防ぐことを意識したいと思います。

それにしても今週初めまでは寒かったですね。ネタを探す中で

f:id:Masa_S:20210115203928p:plain

十勝毎日新聞さんの記事(2021年1月11日)に添付された写真に目が留まりました。北海道帯広市で3日連続氷点下20度台を記録したという内容ですが、小山田竜士さんが撮影された帯広川白鳥の写真があまりに綺麗で。よくぞこの瞬間を!と思います。

気になった方は、元記事の写真を是非ご覧ください。

 

■ 「使用済の『使い捨てカイロ』で水を」(まいどなニュース 2021年1月10日)

さて、寒いときに重宝するモノの一つに、使い捨てカイロがあります。

わたしも背中に貼ったり、靴下裏に貼ったり、ポケットで揉んだりと活用していますが、発熱が終われば、文字通り使い捨てされていました。

カイロの中は、が入っていますが、コレに酸を加えてチップ加工したものを汚水に入れることで、ヘドロの有害物を無害化できるそうです。

炭を通せば水が綺麗になる、なんとなくイメージはできますね。

「GoGreenGroup 株式会社」では、大阪万博までに夢洲の海を浄化すべく、使い捨てカイロの回収に取り組んでいます。協力したいという方は、同社宛に郵送してください。

 

■ 「新幹線“スゴイカタイアイス”専用スプーン」(FNNプライムオンライン 2021年1月10日)

さて、寒くても食べたいモノの一つに、アイスクリームがあります。

東海道新幹線車内販売で売られ、”濃厚で美味しい”と評判の「スジャータアイスクリーム」、俗称「スゴイカタイアイス」とも呼ばれるほど、カッチカチなのが特徴です。

ドライアイス温度調整した上、空気含有量が少ないそうで、カッチカチなのは仕方ないとして、食べたくて買ったのにすぐ食べられないじれったさはあります。で温めようにも、手がアイスの容器にくっつくかと思うほど冷たいので、それもできません。

そんな悩みを解決してくれるのが、「N700Sアルミアイスクリームスプーン」。2020年12月26日より、税込600円で販売開始となりました。最新N700S系のロゴなどをあしらったもので、アルミを伝ったでアイスが早く溶けるよう工夫されているとか。

物凄くカッチカチのアイスを作っておいて、それを早く溶かしたければ600円のスプーンを買ってください・・・いい商売だと思いますが、好評だそうです。

東海道新幹線の旅の記念にもなるかもしれません。

 

■ 「ココイチジンギスカン屋に?」(朝日新聞デジタル 2021年1月13日)

話は北海道に戻ります。

北海道旭川市の人気ジンギスカン「成吉思汗 大黒屋」を、全国展開するカレーチェーン店「ココ壱番屋子会社化することが発表されました。

わたしはこのお店を訪れたことは無いですが、旭川市人気ジンギスカン店として、名前は知っていました。実際、連日のように行列ができていたそうです。

今回の話は「大黒屋」から「ココイチ」に、長年の夢であった多店舗展開託すカタチで持ち掛けたそうですが、「ココイチ」は今後の店舗展開は未定だとしています。

現在は新型コロナで外食産業も苦しいでしょうが、ジンギスカンを北海道以外で気軽に楽しめる場所は多くないので、意外と人気が出る気はするのですが。ジンギスカン好き、北海道好きとしては、今後の店舗展開が気になるところです。

 

■ 「ハムスターちゃんが見せる、破壊力抜群の」(peco 2021年1月10日)

最後は愛らしい動物の写真です。

f:id:Masa_S:20210115211529p:plain

飼い主のななこさんがInstagramで紹介したのは、ゴールデンハムスターの「かつお」ちゃんが見せた「いないいない~ ばあっ!」の様子です。

小さな手で必死にを押さえて、そこから両手を広げての「ばぁっ」は、人間がするのを真似しているかのよう。つぶらな瞳で、コチラの様子を窺っているように見えるのもお茶目ですね。日頃モヤモヤ、イライラの募ることもありますが、こういう癒しがもっと溢れると良いな、と思い、ご紹介しました。元記事を是非ご覧ください。

 

また寒さが戻ってくるそうです。くれぐれも体調には十分にお気を付けください。

以上、「気になるニュース」でした。

マニア186 ビックリマン独り言vol85~バインダー版を見直す~

1月15日 金曜日 マニアな小ネタの世界186

 

こんばんは。※先週のクイズのこたえは末尾にあります。

 

今夜は俗に言う「バインダー版」の話です。

f:id:Masa_S:20210111095722p:plain

・2012(平成24)年12月~2013(平成25)年9月にかけ、計3回に分けて発売

・バインダーは「ビックリマン伝説」シール保存用と銘打たれていた

・9ポケット×10枚=90枚収納可能(その割に「伝説」シールの弾の枚数がバラバラ)

・バインダーには各回2種類の付録シールが用意されていた

・価格は1冊3,990円

コレがビックリマン伝説 シール・コレクションバインダー」概要です。バインダーの話はさておき、本題はその付録シールです。当時わたしはスルーしていたのですが、今見ればなかなか秀逸なシールで、数ある復刻の中でも評価しています。

そして昨年、ようやく手に入れることができました。

 

f:id:Masa_S:20210111190200j:plain

ラクライスト(理力減)での比較です。左が当時モノ、右がバインダー版です。

偽造防止のため、裏紙を白に変更しただけで、他は当時のまま、コレが最高です。

f:id:Masa_S:20210111191833j:plainf:id:Masa_S:20210111191319j:plain

表面です。裏紙同様、左が当時モノ、右がバインダー版です。

背景色橙色なので、勘違いしそうですが、バインダー版橙色ヘラクライストは、当時の緑色のヘラクライスト(理力減)の背景色を変更したモノです。

でも一瞬、赤色のヘラクライスト(理力増)として見間違う完成度の高さです。あくまで当時モノを使い、少し遊び心を加える、この加減が最近の復刻には無いんですよね。

その視点で「バインダー版」6種類を見たとき、わたしの中での順位付けはこうです。

第1位 ヘラクライスト(理力増)

f:id:Masa_S:20210111192607j:plain

赤ヘラクライストの背景を、真逆の鮮やか水色へと大胆チェンジしたのですが、違和感が無く、とても新鮮です。この色で新しいシールを作って欲しいくらいです。

第2位 サタンマリア(六聖球)

f:id:Masa_S:20210111193211j:plain

銀プリズムだったサタンマリアが、朱色背景によく映えます。六聖球を奪ってメラメラ燃えるマリアの表現しているかのよう。イメージに非常にマッチします。

第3位 ブラックゼウス

f:id:Masa_S:20210111193558j:plain

当時がホログラムだったブラックゼウスは、様々な色付けができますが、この紺に近い青色は神秘的で、高速で飛翔するブラックゼウスの印象に合い、とても良いです。

第4位 聖フェニックス(聖戦衣化)

f:id:Masa_S:20210111194243j:plain

背景色はサタンマリアに匹敵するほど魅力的ですが、(サタンマリアもですが)当時赤色だった部分が橙色に置き換えられ、背景色に対するアクセント弱い気がします。

第5位 スーパーゼウス

f:id:Masa_S:20210112065309j:plain

ド派手なピンクは目立ちますが、全知全能の神スーパーゼウスには、落ち着き重厚感が欲しいところ。薄いブラウンやグレーの背景色で見てみたいですね。

第6位 ヘラクライスト(理力減)

f:id:Masa_S:20210112065631j:plain

緑ヘラクライスト推しのわたしにとって、最下位判断は辛いです。”もしも理力増のような赤色背景ならー”という試みは面白いのですが、結果的に赤ヘラクライストのパチ版のようで、色としての新鮮さも感じないので最下位としました。

黄色やグレーの背景色でもカッコいいかな、などと想像は尽きませんが。

 

しかし、10年近く経た現在見直してみて、原形を留めつつアレンジを加える、その塩梅の良さを実感します(それだけ最近の復刻がイマイチに感じるとも言えます)

是非、2021年は、このバインダー版の続きのようなシールを期待したいところです。

 

 

最後に、先週のクイズの回答です。文章は長いので、画像に纏めました。

ご興味ある方は、クリック拡大して確認してください。

f:id:Masa_S:20210109173802p:plain

 

以上、「マニアな小ネタの世界」でした。

ア・ラ・カルト46 過去の1月

1月14日 木曜日 ア・ラ・カルト46

 

こんばんは。

 

なぜ緊急時に緊急時なりの対応を取れないのか、なぜ実態に即さない方法を選ぶのか、色々と思うことはあります。完全な正解も分からなければ、完全な支持を得ることも絶対に無く、それでも正しそうな方向に向かって前に進んでもらいたいのですがー。

という愚痴を書こうとしてやめました。新年早々「戯言」を選ぶのは良くない、と。

 

次に、都道府県ごとの2021年の新規感染者数人口対比と、確保されている病床から、危険度の高そうな都道府県、つまりは宣言対象にした方が良いのではー。

という記事を予約投稿したのですが、その県が宣言対象になったため、なんだか後出しじゃんけんに見えるのも嫌なので、やめました。

 

結果的に、過去の1月、わたしが見た景色・風景の写メを並べることにしました。このブログは、やたら文字が多いので、たまにはこういうのもアリかな、と。

f:id:Masa_S:20210113084320j:plainf:id:Masa_S:20210113084341j:plain

2021年。先日、近所を散歩中に撮影。密にならぬよう、田舎道を選んでいますが、元気な太陽をもっても、日陰の側溝の水は凍っています。午後1時半頃なのに。

f:id:Masa_S:20210113084602j:plainf:id:Masa_S:20210113084622j:plainf:id:Masa_S:20210113084650j:plain

2020年。月末から徳島~京阪神に出張していました。往路は海部観光「マイ・リピート」快適移動です。今は閉店した徳島そごうも、当時は営業中でした。1階の大判焼「あたりや」さんは、寒さも手伝って行列。今も「密」なのでしょうか?

復路は大阪の「梅田プラザモータープール」からバスで帰京しましたが、乗り間違いに要注意なほど東京方面のバスが来ました。今はどうなのでしょうか?

f:id:Masa_S:20210113085143j:plain

2019年伊豆半島の海岸から拝む日の出です。初日の出ではありませんが、1月初旬に昇る太陽を見ると、なんだかありがたい気持ちになります。

f:id:Masa_S:20210113085515j:plainf:id:Masa_S:20210113085544j:plain

2018年山梨県富士五湖温泉ほうとうを目当ての、新年初旅行の途中、PAから見た富士山です。冬の澄んだ空気は冷たいですが、富士山はいつ見ても美しいです。

そして右は、月末の大雪に埋もれるマイカー。既に我が家を去ったエスティマですが、売却後は北陸の中古車店に並び、かなり早く買い手がついていました。今年の日本海側は記録的な大雪ですが、エスティマは元気に走っているのかな・・・。

f:id:Masa_S:20210113090017j:plain

2017年。この年は何故か初詣を繰り返しました。コレは、仕事の合間に立ち寄った東京明治神宮です。正月明けて少し経った平日ですが、まだ多くの人が参拝していました。

f:id:Masa_S:20210113090216j:plainf:id:Masa_S:20210113090237j:plain

2016年。この年も、山梨県富士五湖周辺に初旅行でした。だいたい、富士五湖周辺か伊豆半島なので、富士山をどちら側から見るかの違いですが。綺麗でした。

 

スマホを替えたため、それ以前の写メを載せられませんが、2015年は珍しく、電車を乗り継いで群馬県水上温泉に初旅行、2014年は広島で都道府県対抗駅伝現地観戦するなど、毎年何かしらのイベントは発生しています。

今年も「GoToトラベル」で予約済だったのですが、この状況下、キャンセルしました。

またどこかに気軽に足を運べる日が、早く訪れて欲しいものです。

日本列島マンホールカードの旅31 群馬県館林市

1月13日 水曜日 日本列島マンホールカードの旅31

 

こんばんは。

 

今夜ご紹介するのは、群馬県南東部に位置する館林(たてばやし)市です。

f:id:Masa_S:20210112180646p:plain

人口は約75,000人(2021年1月1日推計)ですが、栃木県佐野市足利市隣接する他、隣の自治体を越えれば埼玉県も近いなど、利便性は良いと思います。観測地点の変更以降、この地名を聞く回数は減りましたが、夏は40℃超記録する猛暑地でもあります。

館林の名前の由来については、かつて「立野ケ原」と呼ばれ、それが「立野」「立林」となったようです。「館」の字が充てられた理由は分かりませんでした。

但し、約2万年前旧石器時代には、既にこの地に人が住んでいたようで、住居跡石器なども発見されるなど、歴史は相当古い場所でもあります。

この地を発祥とする企業としては、日清製粉正田醤油があり、正田醤油は現在も館林市本社を置いています。

 

さて、今回、館林市を選んだ理由は、間もなく受験シーズン本格化するからです。

f:id:Masa_S:20210112185527j:plain f:id:Masa_S:20210112185547j:plain

館林市マンホールカードがコチラです。館林の市のでもあるツツジで周囲を囲み、真ん中には館林市観光大使ぽんちゃんが描かれています。

このぽんちゃん、見ての通りタヌキなのですが、館林市内の茂林寺は説話「文福茶釜」ゆかりのお寺として知られ、境内には多くのタヌキの焼き物などが置かれています。

マンホールは落ちない、タヌキ=他抜きなど縁起を担いで、数年前の受験シーズンには、茂林寺特別祈願を済ませたカードが枚数限定で配布されたのでした。わたしも配布場所となった、館林駅前の観光案内所に行きましたが、到着時には既に100組以上が並んでおり、先着100組限定のプレゼントはもらえませんでしたが、カードはこのとおりいただくことができました。

 

間もなく受験シーズンという中、日本海側各地の豪雪、ここに来ての急な冷え込み、新型コロナと、受験生にとって厳しい状況ではありますが、まずは心身健康を保って、平常心で試験に臨んでくださいね!良い結果が得られますように!

 

今週は群馬県館林市をご紹介しました。