気になるニュース 2020上期特別編

8月8日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

 

毎週土曜日は「気になるニュース」を投稿していますが、ブログ夏休み中のため、「2020年上期特別編」をお届けします。毎週ネタ記事を取り溜めながら、残念ながら選に漏れたニュースもあるため、その中からいくつかご紹介する企画です。

 

■ 「100年前の『スペイン風邪対策本』」(FRIDAY 2020年6月3日)

今年の前半最大の話題は「新型コロナウィルス」でしょう。

当初は対岸の火事と思っていた日本は、中国に支援物資を送りつつ、島国の利点を活かすことなく諸外国からの流入を止めずにいました。東京五輪という一大イベントを是が非でも実行したい意図があったと思いますが、遅きに失した感は否めません。

実はおよそ100年前の1918(大正7)~1920(同9)年頃、世界中で大流行したスペイン風邪があります。日本でも多くの患者を出した「スペイン風邪」に対し、注意を促すポスターが作成されていたのですが、100年後の今も通用すると話題になりました。

f:id:Masa_S:20200801065110j:plainf:id:Masa_S:20200801065135j:plainf:id:Masa_S:20200801065203j:plain

「汽車電車人の中ではマスクせよ 外出の後はウガヒ忘るな」

「『テバナシ』に『セキ』をされては堪らない」「ハヤリカゼはこんな事からうつる」

「病人は成るべく別の部屋に」

如何でしょう?人混みの中でのマスク着用、外出後のうがい手洗い、咳エチケット、感染者の隔離など、今年作ったレトロ調のポスターと言われても疑いませんよね。

100年前の教訓が、日本人の衛生意識を高めたのかもしれません。

 

 

 

■ 「時速120kmで爆走するおじいちゃん」(Jタウンネット 2020年5月9日)

つい先日も、信号で止まっている逆走中のクルマの写真が話題となっていましたが、踏み間違えや逆走など、高齢者が原因となる事故も後を絶ちません。

自治警察も、高齢ドライバーの免許返納を促そうと取組を強化しています。愛知県豊橋市が作成した冊子「広報とよはし」でも、2020年5月号で「65歳を超えたら考えて!あなたの決断が交通事故を減らす」という特集を組みました。

この冊子は大きな反響を受けたのですが、反響があったのは記事ではありません。表紙に使われた1枚の写真でした。

f:id:Masa_S:20200801074701j:plain

一見すると、広報誌にありがちな表紙で、眼鏡をかけた高齢男性がハンドルを握っている様子が窺えます。広報担当者によれば、”漫然と運転しているイメージ”を探してネット上からフリー素材を拾って使ったそうなのですが、話題となったのはメーターです。

f:id:Masa_S:20200801075033j:plain

最初にコレを発見した人も凄いと思いますが、なんと、スピードメーターの針は時速120kmを超えています。しかもこの男性、シートベルトもしていません。

「コラかな?と思ったらマジですね」

「頭文字爺じゃん」

「シートベルト無しで120キロも出して 冷静にこの顔してたら逆にすげぇ」

twitter上がにわかに騒がしくなったのでした。

仮に高速道路だったとしても、多くの道路では120kmは速度超過ですし、シートベルト無しは命知らずというもの。偶然使った素材の思わぬ反響に、担当者は「本当は中身まで読んでほしいという気持ちはありますが」という困惑気味のコメントでした。

 

■ 「エプロンに刺繍された『謎の数式』」(まいどなニュース 2020年4月26日)

コロナ禍においては、”家族と過ごせる時間が増えた”という夫の喜びに対し、”夫が家にいることをストレスに感じる”という妻が多かったというアンケート結果がありました。夫婦間の意識の相違が感じられる結果でした。

そんな中でも、微笑ましいニュースがありました。

結婚7年目の30代男性の投稿で、妻からプレゼントされたエプロンの写真が掲載されています。そのエプロンの胸の部分には、高校時代を彷彿とさせる数式刺繍されています。わたしは文系でしたが、その割には数学が得意だったので、この記事を見つけたときに一生懸命解いてみたのですが、ダメですね、解けませんでした。

投稿主である夫は、およそ1時間で解き上げ、清書したノートも投稿しています。

f:id:Masa_S:20200801081702j:plain

結論を言えば、偶関数の特徴をもとに描かれるグラフ概形ハート形になります。

問題を作った妻も凄いですが、手書きで解き上げた夫も凄いですよね。コロナ禍だからこそできたことかもしれませんが、仲睦まじいのは良いことです。

 

■ 「行方不明のハムスターを発見も」(おくたま経済新聞 2020年7月30日)

何かと気分も湿りがちだった今年の前半、追い打ちをかけるように梅雨明け遅く、毎日曇り空や雨ばかり見ていた気がします。

「気になるニュース」でも、なんとかそうした気分を晴らすべく、可愛い動物のネタなども取り上げるよう心掛けていました。最後はそんな動物の話題です。

ジャンガリアンハムスターのみるくくん(5か月/オス)が行方不明となったそうで、投稿主であり、飼い主でもあるきりさんは、家の中を懸命に探しました。

カーテンまで全部外し、レールも丁寧に確認しても見つかりません。

諦めかけたそのとき、偶然手にしたほうきの影で、きょとんとした表情でコチラを見つめるみるくくんの姿が。どうやらほうきの影で、ひまわりを食べていた最中だったようで、無事に見つかり一件落着と相成ったのですが、「親の心子知らず」とでも言いたくなるほど心配したそうです。それにしても、ハムスターの表情、可愛いですね!

 

2020年後半は、もっと明るく、微笑ましく、ホッコリするニュースが増えることを期待しています。よろしければ引き続き宜しくお願い致します。