マニア165 夏休みだよ!アニメネタ2本立て

8月7日 金曜日 マニアな小ネタの世界165

 

こんばんは。

 

今年は夏休みの開始が遅かったので、子どもたちも”やっと夏休み”といったところでしょうか。そんな夏休みと言えば、休み中の子どもに向けて放送されるアニメも定番だと思います。今夜はアニメに関するネタ2本を取り上げます。

 

1 サザエさん

おそらく知らない人はいないでしょう。国民的アニメサザエさんからです。

アニメ放送開始から既に50年以上フジテレビ日曜18時半枠で放送され続け、既に千回以上見ているはずですが、先日気づいたことがあります。

突然ですが質問です。このキャラクターフルネームを答えてください。

f:id:Masa_S:20200731124610p:plain ②f:id:Masa_S:20200731124630p:plain 

①は簡単ですよね!磯野家の長男であり、サザエさんとの姉弟喧嘩も絶えない「磯野カツオ」です。そのカツオくんの大親である②のキャラクターは「中島くん」です。但し、フルネームを答えるという問題になると難しくないでしょうか?

正解は「中島弘だそうで、あまり耳馴染まないためか、しっくりきません。しかも、アニメに登場する「中島くん」の家族は祖父だけで、何か表には出せない家庭事情を抱えている可能性もあります。闇が深く無ければ良いのですが・・・。

f:id:Masa_S:20200731125237p:plain ④f:id:Masa_S:20200731125254p:plain ⑤f:id:Masa_S:20200731125321p:plain

続いてはカツオくんの同級生の女の子たちです。

③は知っていました。カツオくんに強い恋心を抱き、将来の結婚まで口にする「花沢さん」のフルネームは「花沢花子」です。「夏休みの宿題なんてやってる子いるの?」とカツオ顔負けの豪快さも見せる花沢さんですが、「花沢」という苗字に「花子」という名前をつけるお父さんもなかなか豪快な人ですよね。

④の「カオリちゃん」は、花沢さんとは対照的がある存在です。「カオリちゃん」とばかり呼ばれていますが、きちんとフルネームがあり、「大空カオリ」だそうです。「カオリちゃん」の家に遊びに行くシーンも何度もありましたが、「大空」という表札は見た記憶がありません。よく考えると、同じ教室で授業を受けながら、担任の先生が「磯野」「中島」「花沢」「早川」と苗字を呼びますが、カオリちゃんに向かって苗字を呼んでいるのは見たことがありません。

⑤は、素朴真面目な性格の子です。一時期の花沢さん押しが過ぎたのか、最近では早川さんの登場回数も増えてきたと感じています。その「早川さん」のフルネームは・・・実は設定されていません。「早川さん」でしか無いのです。早川さんの「ママ」が登場する回もあるのですが、母親が「早川さん」の名前を呼ぶシーンもありません。

同級生が「早川さん」と呼び、担任の先生が「早川」と呼ぶ以上、フルネームは必要無いのかもしれませんが、登場頻度も高いので、名前をつけてあげて欲しいです。

f:id:Masa_S:20200731131055p:plain

最後も難問です。磯野家のご近所として登場する老夫婦です。このお二人のフルネーム、「早川さん」以上に厳しく、苗字も名前もありません。

あくまで磯野家・フグ田家中心の話なので、家庭内で通じる呼び方として「裏のおじいちゃん・おばあちゃん」はアリだと思います。実際に裏に住んでいますし、そうした呼び方をすることは実社会でもあることでしょう。

しかし、磯野家・フグ田家以外と交流しないわけではありません。

月見だ花火だと言って、ご近所が磯野家・フグ田家の庭に集まるシーンがありますが、たとえば伊佐坂先生お軽さんが「裏のおじいちゃん・おばあちゃん」と話す場面があっても良いのに、なぜか直接話している様子がありません。

先生に無視されている「カオリちゃん」、親に名前を呼ばれない「早川さん」、ご近所なのに苗字が無いために会話が少ない「裏のおじいちゃん・おばあちゃん」と、アニメ「サザエさん」はほのぼのした様子を描きつつ、制作側の都合重視で闇に葬り去られている設定がある気がしてならないのです。それすら違和感なく見てしまっていることに気づいたとき、「サザエさん」は本当に空気のような存在だなと思いました。

 

2 キン肉マン

「ふたまん」2020年7月30日記事で、キン肉マンの好きなキャラクターベスト3をランキングしていました(30代、40代の男性200名に調査)

結果は、第3位:ロビンマスク、第2位:ウォーズマン、第1位:キン肉マンというものでした。他の調査においても、ロビンマスクウォーズマン人気は高いですね。

では、わたしのベスト3はと言えば、違います。

第3位 ウォーズマン

f:id:Masa_S:20200731133041j:plain

やはり多くの方と同様、「ウォーズマン」はカッコいいと思います。仮面が剥がれて見えるのは機械の顔だったはず、この冷徹さと、当時まだ東西冷戦関係にあったロシア出身という設定が妙にマッチしていて良かったです。

 

第2位 悪魔将軍

f:id:Masa_S:20200731133604j:plain

ウォーズマン以上に、カッコいい要素が詰め込まれています。威厳ある態度、シルバーと赤の体、マント、何もかもが子どもに「カッコいい」と言わしめるものですね。

圧倒的な戦闘力を誇ることも、「将軍」を名乗るのに相応しいものだと思います。

 

第1位 ブロッケンJr.

f:id:Masa_S:20200731134359j:plain

わたしの中ではブロッケンJrが一番でした。生まれながらの超人では無く、生身の人間が訓練により超人になっている部分が、作品の中でも上手く描かれています。

父ブロッケンマンの弔い合戦ラーメンマンに挑む姿、ラッカ星を救うためにラーメンマン共闘する姿、やがてラーメンマンと心通わせる姿、悪魔超人との闘いで噛みつかれた右腕から血が滲む姿など、数々の感動的なシーンに胸打たれました。

 

皆さんの好きなキン肉マンのキャラクターは何ですか?