気になるニュース 7月11日~7月17日

7月18日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

 

都内の感染者数が増え続けています。検査数が増えたこと、歓楽街を中心に、クラスターが疑われるエリアを集中的に調べていることも影響しているのでしょうが、それにしても危機感を抱く数字ですね。わたしの勤務する企業が入る都心のビルでは、木曜日に陽性者が出たようで、金曜日は館内一斉消毒立ち入り禁止となりました。

前職の企業が入っている都内のビルも、同じビルに入るコールセンターで職場クラスタが発生したようで、ランチの約束をしていた元同期からは「ランチタイムは外に出るなと言われ、会議室で食べなければいけなくなった」断りの電話がありました。エレベーターもクラスターの危険があるからと、非常階段を使った昇降を指示されているそうですが、たしかあのビル15階ほどの高さがあるので、上階の人は大変でしょうね。

昨日わたしは健康診断でした。もとは4月に予定されていたのですが、外出自粛を要請されていた時期でもあったので、7月に仮延期していました。コロナ禍においては”満員電車も緩和されるのだろうな”と思っていましたが、場所が新宿だったせいもあってか、電車は以前のとおりの満員、ドア付近で立っている人はスマホを操作するのも困難なほどの混雑で、降り立った新宿駅はやはり人が多かったです。新宿は1日の乗降客数が約350万人世界一の乗降客数を誇るターミナルです。以前と違うと言えば、行き交う人も電車の中も、ほぼ全員がマスクをしていることくらいでしょうか。

そんな今週の「気になるニュース」です。

 

■ 「電卓で駅メロディーを演奏」(おたくま経済新聞 2020年7月10日)

”ああ、通勤してるな”ということは、その混雑からも分かりますが、駅から電車が発車する際に流れる発車メロディーもまた、通勤を感じさせてくれます(個人的な意見としては、発車メロディーだらけで煩いので、高田馬場の「鉄腕アトム」、上野駅16・17番線の「あゝ上野駅」のような縁ある曲を除いてはベルや笛で良いと思っています)

そんなお馴染みの発車メロディー耳コピし、ピアノ演奏する人の動画は見たことがありますが、今回ご紹介する方は、ピアノでは無く、音の出る電卓4台を駆使して演奏するという離れ業をやってのけています。ぜひ聞いてみてください。

コレを思い付き、やってみることが凄いと思います。

 

■ 「駅員さん、はしゃぎすぎ」(Jタウンネット 2020年7月11日)

こうして日常を取り戻しつつありますが、今週は「GoToキャンペーン」開始を巡り、今もなおゴタゴタが収まりません。発表された開始日は7月22日ですから、もはや見切り発車ありきなのでしょうが、一体どうなるのでしょう。

しかし、悲鳴を上げている観光業界鉄道業界にとっては、待ち侘びていたであろうことは想像に難くないですね。「GoTo」とは関係ありませんが、夏場の観光シーズンを迎えて動き出したJR高崎駅群馬県)のポスターが話題となっています。

「祝 SL運転再開」「SL運転再開 うれしいなっ うれしいねっ ウキウキ」

こんな手書き文字とともに、体全体で喜びを表現する駅員さんで溢れるポスターには、

「めちゃめちゃ可愛すぎてにこにこしちゃいますね」
「SL興味なかったけどこのポスター見たら行ってみたくなる」

反応が寄せられています。「SLぐんま・よこかわ」が7月11日、「SLぐんま みなかみ」も7月23日に運転を再開します。峠の釜めしを食べながらSL旅、情緒ありますね。

 

■ 「『しょくいんがあらわれた』市役所」(ねとらぼ 2020年7月13日)

沈みがちな気持ちを明るくしてくれるのは、なにも旅だけではありません。日常生活の中にも、ちょっとした笑顔笑いがあるだけで、違いますよね。

鹿児島市役所のコロナ対策が、twitterなどで話題となっています。

飛沫感染予防で設置された透明のビニールシートを見ると、我々世代は馴染み深い

「しょくいんがあらわれた」

マイナンバーカードは装備しなきゃ意味がないぜ」

といったドラクエ風文字が掲げられていたり、ジョジョの奇妙な冒険パロディがあったりと、市役所の待ち時間が楽しくなりそうなシートがズラリと並んでいます。

”いつまで待たせるんだよ!”ではなく、少しでも笑顔が増えると良いですね。

 

■ 「『お風呂に合う曲を流して』」(Jタウンネット 2020年7月16日)

日常に戻りつつも、旅でウキウキ、市役所でニッコリした後は、帰宅して1日の疲れを癒したいもの。夏場はシャワーも良いですが、リラックスのためには、ゆっくりお湯に浸かりたいですよね。スーパー銭湯気分なんかも味わえれば、ちょっと贅沢な気分にもなれます。スーパー銭湯には、癒し系オルゴールの音色が流れるなど、リラックスできる工夫もされていますから、きっとこの方もそれを期待したのかもしれません。

そこで登場したのがSiriです。

Appleのデバイスで、「話しかけるだけでスマホの操作を代わりに行ってくれるアシスタント機能」として浸透してきました。わたしは使ったこと無いのですが、テレビCMなど見ていると、便利そうだな、とは思います。

さて、このユーザーは、Siriに「お風呂に合う曲を流して」と話し掛けました。Siriが厳選した曲はミオヤマザキさんの「溺死」。わたしなら大爆笑で終わることができたと思いますが、この方はどんな気分で1日を終えられたのでしょうね。

 

本来ならば東京五輪開幕に沸いたはずの4連休を迎えます。

現実は虚しさばかりが溢れる4連休になるかもしれません。しかし、それでも気持ちの持ち方一つで自分が楽しく過ごせるはず、そう信じて来週も頑張ります。

今週の「気になるニュース」でした。