気になるニュース 6月27日~7月3日

7月4日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

 

昨日は「マニアな小ネタの世界」の新シリーズ「今昔モノ語」を書きましたが、25年近い時間は、大きく変えるには十分な時間なのかもしれません。考えてみれば四半世紀なわけで、かえって変わらずにあり続けることの方が難しいのか、とも思います。

 

■ 「ここまできた…『コアラのマーチ』」(FNNプライムオンライン 2020年6月28日)

コアラのマーチと言えば、1984(昭和59)年発売から36年、干支3回りを経ている、ロッテを代表するお菓子の一つです。

昔は「まゆげコアラ」が入っているとラッキーだと言われましたっけ。

そんな様々なコアラの絵柄を楽しみに食べると、1箱あっという間に食べ終えてしまうのですが、昔は楽器を持った12種類のコアラたちからスタートしました。今やその種類は365種類以上もあるそうで、最近ではVRコアラ」なる絵柄も登場するなど、お菓子の基本は変わらず、コアラの絵柄を最新化することで時代に適応しているのですね。

VRコアラ」は「VR」と書いてくれているので分かりますが、何も書いていなければ「アイマスク?」と思ってしまいそうです。でもこのベタさ加減もいいですね。

それにしても「VRコアラ」はいいと思えるのに、同じロッテのビックリマンで「VRアンドロココ」を見て”余計なことすんじゃねぇ!”と思ってしまう自分が不思議です。

 

■ 「『給付金が入ったので』子どもの頃からの夢を」(まいどなニュース 2020年6月30日)

わたしの子どもの頃のと言えば、”(当時の)ビックリマンを箱買いしたい!”でした。1人2個限定という縛られた中で引き当てるヘッドのになりながらも、自由に買える環境になればいいのに、と何度思ったことでしょうか。

わたしの夢はもはや叶いませんが(今のビックリマンは箱買いしたくないですから)、支給された特別給付金で、幼い頃からの夢を叶えた方がいるそうです。

この方の夢は、あっという間に飲み干してしまう”ヤクルトをジョッキ飲みしたい!”というものでした。大人買いされたヤクルト15個が、惜しげもなくジョッキに注がれます。そしていよいよ・・・長年の夢が叶う瞬間は、きっと至福の時だったことでしょう。

しかし、途中で「もう十分」、最後には「二度とやらない」気持ちになったそうです。

味が濃く、時間の経過とともに吐きそうになり、激しい満腹感に襲われたと言います。

ヤクルト社によれば、商品記載のとおり、1日の摂取目安は1本であり、酸味を紛らせるために糖分も多めにしているとのこと。さらに腸内が活性化されすぎて腹痛を起こすこともあるそうですから、やはり適量を摂取するのが良さそうです。

そう言えば、亡くなった清水由貴子さん出演のCMでも「毎日1本お腹に1本ヤクルト♪」と言ってましたね。わたしは雪印のローリーエースファンでした。

 

■ 「孤立した湖や池に魚はどうやって移動する?」(NEWSWEEK 2020年7月2日)

子どもの頭の中は、”ヤクルトをジョッキ飲みしたい!”という無謀な夢があるかと思えば、”川はどうきるのだろう””最初に川に橋を架けるときどう作ったのだろう””言語の違うヒト同士がどうやって会話したのだろう”と、とてつもなくアカデミックなことを考えてみたりもするものです。テレビ東京池の水ぜんぶ抜くなどは、比較的それに近いことをリアルに実践してくれていて、興味深いです。

さて、川とも繋がっていない孤立したにもが生息しますが、”どこから来たのだろう?”と疑問に思ったことは無いでしょうか?

わたしは子どもの頃、にスコップでを掘り、池を作って観察したことがありますが、当然ながら魚が棲むことはありませんでした。実験失敗です。しかし、この疑問に一つの答えが与えられました。ハンガリー・ドナウ研究所生態学研究センターの発表によると、「動物被食散布」によるものだとされました。つまりは、鳥獣に食べられ、として排出されることで種子が運ばれるのです。

マガモを使った実験では、摂取されて排出されたコイやギベリオブナののうち、生き残ったのは僅か0.2%に過ぎないそうですが、産卵される卵の数の多さと、カモの個体数の多さを考えれば、孤立した池や湖に魚を繁殖させることができると言います。

わたしの長年の疑問が一つ、答えを見た気がしました。

 

■ 「海の底にある『失われた大陸』」(BUSINESS INSIDER JAPAN 2020年6月28日)

南太平洋の波の下、約1000メートルのところに、失われた8番目の大陸が眠っている、その名は「ジーランディア」―まるでRPGの始まりに浮かび上がる文字のような話ですが、コレは現実世界の話です。ジーランディアは、ニュージーランド周辺の海域に存在し、大陸としての要件を満たすことは2017年に確認されていました。

しかしその詳細までは、明らかにされていませんでした。

6月22日、ニュージーランドGNSサイエンスの研究者は、WEB上に地図を公開し、これまでには無いほど詳細なジーランディア形状大きさを示したのです。

広さ約500万㎢オーストラリア大陸のおよそ半分に相当するそうです。

現在、海面から出ているのはわずか6%ほどで、ニュージーランドの北島・南島と、ニューカレドニアの島々のみ、その他は海に沈んでいます。

海底から隆起して地上に姿を現した場所も世界にはある中、ジーランディア約3,000万~5,000万年前に海の底へと沈んで行ったと言います。なんとも壮大な話ですが、とても興味深い話ですね。失われた大陸・ジーランディア、今後の研究に期待です。

 

首都圏は再び感染者数が急増しています。

電車に乗っても、以前に近い満員電車になりつつあります。暑くて息苦しくてもマスクは欠かせませんし、咳・くしゃみエチケット、うがい・手洗いで自衛しようと思います。ミズノ社のマウスカバーの抽選、外れてしまいました。残念でした。

以上、今週の「気になるニュース」でした。