【特集】まもなく4周年!昔を振り返ろう~乗り物 編~

4月28日 火曜日 【特集】

 

こんばんは。

 

「マスク輸入は初めてだったため、今月10日に定款変更の登記申請を行った」スポニチ記事)業者が、「品質や価格、迅速性などを考慮して選定」(厚労大臣答弁)されたということを不思議に思いながら、今日も在宅勤務をしていました。

 

さて、今夜の振り返りは、火曜日テーマ「乗り物」です。

「乗り物」は約160回を数える長寿テーマですから、いくつか振り返りたいと思います。

 

 

まずは記念すべき「乗り物」第1回から。

JR北海道が誇る主要特急「北斗/スーパー北斗を題材に書きました。モンスターエンジンと呼ばれる同社特急のエンジンによる力強い走りは魅力ですよね。現在はすべて「北斗」に統一されていますので、時間の流れを感じます。

また、JR北海道では4月17日、札沼線北海道医療大学新十津川が、当初日程を繰り上げ路線廃止となり、非電化区間の主流だったキハ40系の活躍の場が、また一つ無くなりました。経営環境が厳しい同社については、今後も定期的に取り上げて行きます。

 

鉄道では在来線が好きなのですが、稀に新幹線ネタも書いています。

東北新幹線などで活躍したE4系車両の引退予定が報じられた際の記事です。東北新幹線高速化に合わせ、2012年9月をもって東北新幹線定期運用を終了しました(この記事の約2か月後となる2017年6月24日に「東北新幹線開業35周年記念号」として仙台~上野を臨時運転しています)。その後は上越新幹線に活躍の場を移し、2020年度末にはその上越新幹線からも姿を消すことになっていました・・・が。

北陸新幹線E7系上越新幹線導入計画に狂いが生じました。昨年の台風による大雨で長野県内の車両基地浸水したため、E7系の編成数が不足しており、上越新幹線用に計画されていたE7系をひとまず、北陸新幹線用に優先充当することとなりました。

結果、新潟駅デジタルサイネージでは、E4系「Maxくん」が「あと一年で引退する予定だったけど、もうちょっと頑張ることになりました。」と、E4系車両の引退延期をお知らせしてくれています。そして、春に進学や就職で新潟を離れる方々に、「新潟が懐かしくなったり、おいしいものが食べたくなったりしたらまた乗ってください。」とお別れの言葉を述べていますが、まさかその2か月後に、新型コロナウィルス感染拡大防止のために、県を跨ぐ移動の自粛を呼び掛けているとは、Maxくんも思っていなかったでしょう。長寿テーマだけに、4年続けている中で、こうした変化もあるものですね。

 

 

「乗り物」では、自家用車を扱うことが多いです。特に、自家用車に興味を持った時期がバブル期だったため、その時期のクルマのネタが増えてしまいます。わたしの中では、旧車のカタログを用いた記事を増やしたいと思っています。

4回で止まってしまっている「魅惑の絶版車」というミニシリーズがその一つですが、中学生時代から集めたカタログが段ボールにして4~5箱分あります。面倒で分類せずに詰め込んでいるのですが、せっかくなので、有効活用したいです。ブログ5年目に突入するにあたり、このあたりのシリーズを整理したいですね。

 

他に、自家用車関係では、「勝手にランキング」もあります。 

国産車としては古い歴史を持つ日産・スカイラインは、多くのファンを生み、多くの愛称がつけられてきました。なぜこの回が印象深かったかと言えば、読者の方からリクエスを頂戴して書いた初めての回だったからです。直前回が、同じく日産のフェアレディZ編だったのですが、「是非スカイラインを」という熱いコメントをいただき、嬉しくてスカイラインを取り上げたので、記憶に残っています。

 

とにかく「乗り物」は回数が多いので、ご興味あれば過去の投稿もご覧ください。