今日は何の日?~2月23日編~

2月23日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

 

今日は令和になって初の天皇誕生日ですね。昨年の今日は、今上天皇は皇太子でしたし、皇后陛下は誕生日時点で天皇ではなくなっていたため、平成31年=令和元年は「天皇誕生日」が存在しない一年となりました。2月に連休のあるカレンダーを見て、「あれ?」と思いましたが、これも徐々に慣れて行くことでしょう。

 

さて、日曜日テーマ「今日は何の日?」です。

2月23日 = 富士山の日

です。「山の展望と地図のフォーラム(FYAMAP)」(Nifty内)が1996年、富士河口湖町山梨県)が2001年、静岡県が2009年に、それぞれ記念日と制定しています。

f:id:Masa_S:20200216114247j:plain

これは2017年の1月に、河口湖から撮影した富士山です。お正月に訪れたことも影響しているかもしれませんが、やはり立派神々しく美しい山だと思います。

わたしは信仰心の欠片も無い人間ですが、富士山を見ると”ありがたい”という気持ちになります。多くの方が富士を求めて訪れるのが、なんとなく分かります。

また、富士山は見る場所角度時間によって、様々な姿を見せてくれます。

富士五湖でも、各湖から見える姿は違いますし、静岡県側と山梨県側でも違いますよね。都内でも高所から見る富士は美しいですし、新幹線の車窓、飛行機の窓、本当に見るたびに思わず写真を撮りたくなる山です。

 

こうして富士山は、多くの方にとって憧れでもあるため、日本には各地に「郷土富士」と呼ばれる山がいくつも存在します。本物の富士山には行けなくとも、その代替として崇められ、親しまれる山々です。一説には国内に300以上あるとも言われています。

また、「富士見」とつく地名も400以上あるそうで、こうしたことを見ても、いかに富士山という山を日本人が愛し、誇りに思っているかが窺えますね。

 

そんな日本を象徴する山である富士山の記念日、そして日本国、日本国民統合の象徴である天皇誕生日、なんだか今日は様々な意味でおめでたい記念日な気がします。