月曜ア・ラ・カルト6 名前

2月17日 月曜日 月曜ア・ラ・カルト

 

こんばんは。

 

先週、有名人に関するニュースとして、野村克也さんの死去、槇原敬之(本 範之)容疑者逮捕がありました。これらを見ながら感じた「名」が、今夜のテーマです。

 

は体を表す」「を上げる」「人は一代、は末代」「を馳せる」「を汚す」等々、日本には古くからの「名」にまつわる言葉が残されています。姓名のうち、生まれた時点で「姓」は決まっていますが、「名」は決まっていません。「名」は、親が子どもに与える最初の贈り物です。そこには、こんな子に育って欲しい、将来こう生きて欲しい、自分たちの心を継いで欲しい・・・様々な想い願いを込めて、まだ真っ新な赤ん坊に「名」を与えるのです。その「名」の評価は、その赤ん坊の歩む人生によって決まっていくわけですが、を馳せる」「を上げる」とまでは言わずとも、少なくとも、親が与えてくれたを汚す」ようなことはせず、まっとうな人生を歩むよう、真面目に生きることの大切さを幼い頃に教わったと思います。

しかし、残念なことに、目先の利益や自身の快楽のために、を捨てて実を取る」人が少なくないことも事実です。自分の「名」に容疑者や被告という言葉が付いたり、「悪高い」と言われるなど不名誉極まりなく、絶対に避けなければいけないことですし、を汚すような行為は慎むべきです。

一方で、良いことでが知れ渡る」ことは誇らしく、自身のみならず、その人間に関わった人を幸せにし、育てに携わった人の価値までも上げることになります。実ともに」が理想ながら、なかなかそう上手くはいかないものです。しかし、結果的にそうなった方々を見るとき、を捨てて実を取る」のではなく、「得を取るよりを取れ」と言われるとおり、目先の利益や自身の快楽を優先せず、功徳を重ねた結果としてを上げ」、結果として実利も伴った方が多いです。

 

昔からは実の賓」と言います。名誉や名声は徳に伴うべきものである、という意味ですが、その意識を常に持って日々勤しむことが大切だと、改めて感じるのです。親が一番最初に与えてくれた贈り物、一生の宝物ですから、その「名」を大切にしながら生きて行きたい、そう感じさせられた一週間でした。