MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

スポーツ34 今年の中日注目選手

2月14日 金曜日 スポーツ34

 

こんばんは。

実は来週に向けて記事の下書きを始めた中、木曜日テーマ「音楽」で槇原敬之さんをテーマに書き終えていた矢先、まさかの昨日の逮捕劇となり、驚きました。

槇原敬之容疑者と書くべきなのでしょうか。かつて逮捕されたときはたしか「Hungry Spider」の頃だったと記憶していますが、あの曲のPVも少し怪しげでしたよね。

というわけで、来週に向けて「音楽」の中身を書き換え始めたところです。

さて金曜日ですが、今夜は不定期テーマの「スポーツ」です。東京五輪の関係で、シーズン開幕が早く、オープン戦も含め全体的に急ピッチに進んでいる春季キャンプを見ながら、わたしが今年注目している中日ドラゴンズの選手を5人挙げておきます。

 

■ 石橋康太捕手

今年で入団2年目の高卒捕手です。

中日の捕手に正捕手はいません。昨年最多出場を果たした加藤捕手も安泰では無く、ベテランの大野奨太捕手は守備固め的な起用、今年の新人・郡司捕手も高次元でバランスが取れていると言われながらも問題点も指摘されています。

個人的には、強肩の加藤捕手を応援しているのですが、現時点では捕手は横一線です。

そうした中で、生え抜き・高卒・正捕手となれば、現バッテリーコーチの中村武氏以来となる石橋捕手にも期待が掛かります。台湾ウィンターリーグが雨天中止となった昨年12月のある日、石橋捕手は、今季から巨人二軍監督となる阿部慎之助氏のもとを訪ね、勝てる捕手になるための質問を重ねたと言います。

この前向きな姿勢に、わたしは期待を持っています。

 

■ 清水達也投手

甲子園優勝投手でもある清水達也投手は、昨年、初勝利を挙げました。

8試合に先発して2勝2敗、防御率4.33の成績は、目立って良いとは言えませんが、大崩れもしない印象で、打線とうまく噛み合えば、先発ローテの5番手・6番手として計算できる投手になれるのではないかと思います。

エースの存在は必要ですが、エースとて中4日または中5日で投げますから、やはり先発投手は6枚欲しいのが現代の野球です。その意味で、早い回に降板するのではなく、目立たなくともある程度ゲームメイクできる貴重な先発になると期待しています。7~8勝で良いので、勝てる投手になって欲しいものです。

ちなみに、投げっぷりの良い山本拓実投手にも同様の期待を持っています。

 

■ 濱田達郎投手

高卒ビッグ3と言われながら、何年もケガに泣かされた苦労人です。

ようやく育成から支配下に復帰してきました。本当に長かった。裏を返せば、球団としては育成にしてでも温存したかった能力ある投手です。

わたし個人としては、左の中継ぎとして期待しています。

昨年活躍したロドリゲス投手が抜け、中継ぎから抑えの左投手は、岡田投手、福投手が計算できるくらいです。ロメロ投手を中継ぎに配置、あるいは新外国人も考えられますが、ココに濱田投手が加わって活躍してくれれば強力になります。

昨年、見事に活躍の場を見つけた福投手も、一時期はケガで育成契約でしたが、復活しました。その後を追うように、濱田投手にも是非、活躍して欲しいものです。

 

■ 石川駿野手

あまり話題になりませんが、2019年、ウエスタンリーグで打ちまくり、首位打者に輝きました。打撃については数字を残しながら、なかなか1軍に呼ばれませんでした。

2019年の中日は、主に、阿部内野手と京田内野手二遊間を組みましたが、初めて活躍した阿部内野手と、打撃に難のある京田内野手ですから、まだまだ付け入るスキはあります。足りない何かを底上げするか、あるいはそれを補って余りある打棒を見せるか。わたしは石川駿内野手スタメンに名を連ねるのを、密かに期待しています。

 

■ 石川昂弥野手

ベタで申し訳ないですが、期待せずにいられません。

久々に、和製大砲の予感がする選手の入団です。二軍で基礎を、という声も聞きますが、勝気な性格もあり、意外と一軍実践を積ませる方が良いかもしれません。

初の対外試合でも、前打席での反省を活かし、早速タイムリーヒットを打ちました。

何より、どっしりした下半身と、落ち着いた構えが良いですね。最近の中日は、大砲候補を採っても、いつの間にか構えが小さくなり、中距離砲に育つ失敗を繰り返してきました。その意味で、下手にフォームもいじらず、そのまま育てて欲しいです。

2割8分で良いので、本塁打30本を軽く打てる4番になってくれれば嬉しいです。

 

以上、期待する5選手でした。

これらの選手が活躍してくれれば、自ずと選手層も厚みが増しますし、底上げになります。やはり生え抜きで強くなってくれるのが理想ですからね。