今日は何の日?~2月9日編~

2月9日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

 

2月9日 = ふくの日

です。語呂合わせですね。もちろん「服の日」であったりもするのですが、今日ご紹介するのは食べ物の「ふく」です。一般的には「ふぐ」ですが、山口県下関市では「ふく」と発音され、福にかけて縁起の良いものと言われています。

この記念日も、下関ふく連盟1981(昭和56)年に制定したものです。

 

さて、ここで「ふく」の歴史を調べてみました。

縄文時代の遺跡から、魚介類とともにふぐ科の魚の骨が出土しており、おそらく約6,000年前には、日本ではふぐを食していたと推測されています。

以降、農耕の発達により、魚介への依存度が相対的に低くなると、ふぐについての目立った遺跡は見当たらなくなりますが、平安時代の記録にもふぐは登場するそうです。

やがて安土桃山時代に入り、豊臣秀吉朝鮮半島出兵の際、現在の佐賀県唐津市付近で陣を構えたところ、ふぐを食べて中毒死する兵士が相次ぎ、「ふぐ食禁止令」が出され、以降、明治の時代までふぐ食禁止が続きました。

これが初めて解いたのが1888(明治21)年、時の総理大臣であった伊藤博文でした。

山口県光市出身の伊藤博文は、下関市の老舗旅館「春帆楼」でふぐを食し、これをキッカケに山口県でのふぐ食解禁となったのです。ちなみに「春帆楼」は、ふぐ料理公許第1号として名を知られるようになり、下関市はふぐの本場となったのでした。

 

現在でも、日本で水揚げされる天然ふぐの約8割は下関に集められています。

その背景は、東シナ海日本海・瀬戸内海を結ぶ要衝であることに加え、玄界灘や瀬戸内海西部といったトラフグの産卵地に近く、好漁場でもあるためです。

ところで、ふぐは中毒物質テトロドトキシンを持っており、種類ごとに毒の部位も異なるのですが、最近は温暖化による生息地の北上で、日本海側と太平洋側の異種のふぐによる交雑も進み、見た目だけでは毒のある部位が判別できないケースもあると言います。加えて、調理資格都道府県ごとに異なるそうです。

山口県では、学科と実技の双方を課す、高いレベルが求められ、中毒を出さずに美味しいふぐを提供したいという本場の意気込みが感じられます。

 

わたしは広島県に勤務していた際、下関へのふぐツアーに参加したことがありますが、ふくの天ぷらやふく刺し、ふく飯など、これでもかというふく尽くしでした。

きちんとふくを食べたのは、あれが最初でしたが、実に美味しかったです。最初は「毒があるから怖いな」と思っていたのも忘れ、夢中で食べましたね。

ちなみに、ツアーでは唐戸市場にも立ち寄りましたが、とてもリーズナブルに海の幸を堪能できる市場で、大勢の観光客が来ていました。特に寿司は美味しかったです。

 

長々と書きましたが、2月9日は「ふくの日」でした。