気になるニュース 1月18日~1月24日

1月25日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

昨日は池袋や渋谷で仕事でしたが、やはりと言いますか、春節に合わせた中国からの旅行客の方が多く見受けられました。拡大感染が懸念される中で、各国で措置が取られていますが、日本でもしっかりした水際対策を行って欲しいと思います。

同時に、風邪気味だと感じる方には、マスク着用、咳・くしゃみエチケットの徹底をお願いしたいと切に願います。それができない方がいるので、否応なく自衛手段としてマスクせざるを得ないので。もちろん、うがい、手洗いは必須ですね。

f:id:Masa_S:20200125061607j:plain

コレは厚生労働省作成の、咳・くしゃみエチケットの啓発ポスターですが、もっと様々な場所で張り出すことを期待します。口を押えない論外な方もいれば、で口を塞ぎ、そのままの手で吊革ドアノブを触る人がいて、そういう無神経さが感染拡大の一助となっていることを知って欲しいです。ポスターには、正しい例、悪い例が図入りで掲載されていますので、海外の方にも分かりやすいと思います。

梅雨のような天候が続くここ最近ですが、そんな今週の「気になるニュース」です。

 

■ 「明治、アイスに賞味期限設定へ」(共同通信 2020年1月22日)

明治は、市販するアイスクリーム全商品について、賞味期限を記載すると発表しました。「エッセル スーパーカップ」を皮切りに順次記載し、一部商品を除き、製造日から2年を賞味期限とする方向で調整しているそうです。

言われるまで、アイスクリームに賞味期限が無いことを、わたしは知りませんでした。設定されていない理由は、明治のホームページ内Q&Aにも書かれています。

●通常-18℃以下の温度で保存されていますので、細菌が増えることが無い

●-18℃以下で管理されていれば、品質の変化はきわめて少なく、健康は損なわない

●一度溶ければ、元の状態には戻らないため、温度管理について見分けることができる

この三点が理由に挙げられています。食品の賞味期限を見慣れた中で、言われてみれば記載されていなかったことが新鮮に感じました。

 

■「駅職員が切符やメッセージボードで受験生を応援」(上毛新聞 2020年1月22日)

群馬県にあるJR前橋駅では、受験生応援用のメッセージボードを設置し、応援の切符も配布しています。切符には「前橋発 志望校行き」「諦めない限り有効」「5110(ファイトの語呂合わせだそうです)などと印字されており、裏面には駅員からの応援メッセージも添えられているそうです。

受験シーズンが本番を迎えた今、受験生の皆さんには、最後の追い込みで志望校に合格して欲しいですね。何より、体調管理が大切です。

 

■「司書のあるあるをエンタメに」(KAI-YOU 2020年1月21日)

福井県立図書館では、本のタイトルなどの覚え違いから利用客を助けるべく、「覚え違いタイトル集」をWEBで公開しているそうです。

目的は、図書検索に資することに加え、レファレンスサービス(図書館の総合的な資料案内サービス)の認知度向上にあると言います。実は既に10年程前から公開しているそうですが、今回改めて日の目を見たようで、さらに認知度が高まると良いですね。

実際にサイトを見ると、”ありそうだな”と思う覚え違いから、”ギャグかよ”と思うものまで、幅広く実例が挙げられていますので、お休みで図書館に通いたいが、タイトルに自信が無いという方は、事前にチェックされてみると良いかもしれません。

 

以上、今週の「気になるニュース」でした。