今日は何の日?~12月1日編~

12月1日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

12月1日 = カイロの日

です。日本使いすてカイロ同業会(現 日本カイロ工業会)が1991(平成3)年に制定した記念日です。寒くなり、カイロを使い始める時期であるためです。

 

ところで「カイロ」という名前は、どこに由来するのでしょうか。

同工業会のHPによると、カイロは日本独自の保温具だといいます。江戸時代温石(おんじゃく)に起源を持ち、明治時代には麻殻や殿炭粉を袋に詰め、または練って容器の中で燃やす懐炉灰」が使われるようになりました。はい、名称の由来はどうやらこの「かいろばい」から来ていることが分かります。

やがて大正時代に入ると、ベンジンの気化ガスと白金の触媒作用を使って燃焼させるベンジンカイロ」が登場、1950年頃には朝鮮半島で米兵が使っていた鉄の粉と食塩を入れて発熱させる保温具があり、日本人がこれを工夫して現在のカイロになりました。

1978(昭和53)年には、袋から出して振るだけのカイロが商品化され、瞬く間に普及すると、1981(昭和56)年ミニサイズが、1988(昭和63)年には貼るカイロが商品化されて、現在の基本形が完成したのでした。

なるほど、小さくて温かくて長持ちするカイロは、日本生まれなんですね。

 

カイロで思い出すのは、子どもの頃にCMで見た、キンチョー社の「どんと」です。たしか1980年代前半だったと記憶していますが、桂文珍さんが主役でした。

「相撲とりすっぽんぽんで風邪引かん どんと! OLハワイで風邪引かん どんと!」

「ちゃっぷい ちゃっぷい どんと ギブミー!」

など、印象的なフレーズのCMだったのを覚えています。特に「ギブミー」は、今考えると、「どんと」を頭につけることで、”寒くて「どんと」が欲しい”と願っているのに、英語では「Don't give me」なので貰えないというシャレなんですね。

なんとも関西色の強い、面白いCMでした。

 

ドラッグストアの店頭などでもカイロが並ぶ時期になりました。

わたしは貼るカイロを愛用していますが、外回りのときには助かりますね。そんな「カイロの日」、12月1日の「今日は何の日?」でした。