【特集】年間アワード2019 諸国銘菓を江戸で買う

11月27日 水曜日 【特集】

 

こんばんは。

日曜日に続く「年間アワード2019」。今夜は水曜日テーマ「諸国銘菓を江戸で買う」の各賞を発表していきたいと思います。2019年1月にスタートした「諸国銘菓を江戸で買う」は、ここまで合計33回を数えました。46道府県なので、当初は年内で終了予定でしたが、都内で買える、メジャー過ぎない銘菓を探すのに苦労するケースもあり、現時点では3月頃までをリミットに制覇したいと考えております。

 

■ 最多★賞

同率首位で9月4日と10月30日が並びました。

これがしは鹿児島県の、羊羹は三重県の銘菓でしたが、どちらもメジャーと言えないお菓子です。しかし、その土地の食材を活かし、その土地に根差したお店が作るお菓子ですから、その手作りな感じこそ地方色の良さだなとも思います。

 

■ 不人気記事賞

こちらは複数の記事で★無しを記録しました。1月9日(岐阜県生せんべい」)、1月16日(千葉県「ピーナッツ饅頭」)、4月17日(北海道「ちょっと甘いもの」)の3つです。いずれもわたしは美味しいと思ったので、文章下手を嘆いたのでした。

リベンジではありませんが、特に「ピーナッツ饅頭」と「ちょっと甘いもの」は是非食べていただきたいので、記事をリンクしておきます。

 

■ 投稿者特別賞

基本的に、わたし好みのお菓子を選んでいるので、いずれも購入からレポートまで楽しみなのですが、特にお勧めしたい2つの銘菓を挙げておきます。

わたしはケーキやバウムクーヘン、チョコレートなど大好きですが、この「諸国銘菓を江戸で買う」ではほとんど和菓子をご紹介していることに、今更ながら気づきます。

 

残る府県からの銘菓が、今までのランキングを覆すのか、楽しみにしています。

ちなみに来週は山形県銘菓をご紹介する予定です。