今日は何の日?~11月17日編~

11月17日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

日曜日テーマ「今日は何の日?」です。

11月17日 = 将棋の日

です。公益財団法人 日本将棋連盟1975(昭和50)年に制定しました。

 

同連盟のHPに由来が記されています。遡ること江戸時代、江戸城御黒書院(おんくろしょいん)で、徳川将軍の御前で年に1度対局(これを「御城将棋」という)が行われていましたが、8代将軍吉宗の下、1716年からは旧暦11月17日開催と定められたため、この日に因んで制定されたそうです。

将棋の日」にはイベントが催されますが、第1回となった1975年は、蔵前国技館(昭和生まれのわたしには懐かしい響きですね)でおよそ8,000人のファンを集め、NHKがその模様を放送したことでイベントは成功し、記念日も定着したとあります。

 

こう見ると、将棋は非常に歴史があることが分かります。その起源は古代インドのチャトランガにあるとする説が有力だそうで、明確な時期は不明ながら、6世紀頃には日本に将棋があったと考える説もあるようです。藤原明衡の「新猿楽記」が最古の文献資料、興福寺奈良県)の境内から発掘された駒16点(同時に出土した木簡には天喜6年=1058年と書かれていた)最古の考古資料とされており、いずれも時代が近いため、少なくとも1060年頃に将棋が存在していたことは間違いないようです。

 

わたしは小さい頃、毎日の夕飯後に父と将棋を指して遊んでいました。駒の中では字数の多い「飛車」がカッコよく思えたのと、斜めに動ける「銀将」が好きでした。先の手を考えつつ、相手の手を読むなど、頭を使うため、面白かったのを覚えています。

自身が将棋から離れて長いためか、あるいは古来からあるためか、なんだか古めかしいイメージを抱きがちですが、最近では17歳の藤井聡太七段が活躍したり、AIを使った将棋が楽しめたりと、今なお進化し、将来への歴史を紡いでいます。

 

慣用表現でも「結局」「王手」「将棋倒し」「高飛車」「成金」など、将棋に由来する表現が多く使われることからも、長い歴史の中で日本で浸透していることが分かります。これからも、時代に合わせた進化と伝統の継承が続いて欲しいと思います。

 

以上「今日は何の日?」でした。