歌謡曲77 今年もどうなる?紅白歌合戦

11月14日 木曜日 歌謡曲77

 

こんばんは。

11月もこの時期になると、大晦日紅白歌合戦のニュースがにわかに騒がしくなります。今年もその例外では無く、誰が出場するだとか、特別企画がどうだとか、真偽の程は別として、様々なネットニュースを目にするのです。

そうした中、「どこよりも早い」と銘打って、某紙が出場者「予想」リストを掲載、加えて、「トリ候補」まで添えられているので、リストを拝借してみました。

   f:id:Masa_S:20191112174033p:plain

この社の予想に限らず、初出場組については、概ね各社ともに情報が一致しているので、おそらくは同じ情報源から漏れ伝わっているのかな、と推測します。

まあ、好き嫌いはあれど、1年間の活躍という面で見れば、妥当な気はします。

 

一方で、「まだ出るの?」「きっとまた中継ですよね?」「どういう基準でこの方が?」と個人的に疑問に感じる方(グループ)も、紅白合計で7組います。あくまでわたしの感じたところですから、その感覚が正しいなどというつもりはありません。

ただ、一般に言われる選考基準に照らしても、選出される要素が見当たらないのです。なお、この感想だけを見ると、五木ひろしさんや石川さゆりさんを思い浮かべる方が少なからずいらっしゃるでしょうが、わたしは演歌は、紅白歌合戦には一定必要だと思っていますし、番組の重さを維持するためにも、このお二方の出場に異論はありません。

 

それにしても、先程思った7組を選出したり、途中で頻繁に入るショートコントみたいな企画をするなら、放送時間を短縮するか、各曲の時間を増やしてフルコーラスを聴かせて欲しいです。放送時間が長すぎて間延びしますし、きちんと曲を聴きたいです。

 

ついでに言うと、「トリ」も貫禄が無くなりましたね。昔は、その1年を代表する歌手と楽曲が勢揃いし、その1年を振り返るに相応しい番組でしたし、その中でも「トリ」「大トリ」は価値あるものだったと思います。それだけに責任重大ですし、歌手の皆さんにとっては誇りでもあったことでしょう。最近はどのように選出しているかに加え、「なぜこの方がトリ?」と思うことが増えました。これ以上言うと、候補の方々への批判に聞こえてもいけませんので、控えておきます。

 

仮にこのリストが正解だった場合、わたしが最も注目するのは竹内まりやさんです。テレビへの露出度も低い上、良い曲も多いですから、是非とも生歌のフルコーラスを聴いてみたい限りです。(応援に山下達郎さんは駆けつけるのでしょうか?)

 

若手でも楽しみな方(グループ)もいますし、何はともあれ、出場者の発表は間もなくでしょう。令和初の紅白歌合戦ネタは、年末にかけて盛り上がりますね。

 

以上、「歌謡曲」通算77回目でした。

 

★追記★

本日は夜まで仕事があり、予約機能での投稿となりましたが、まさか更新した当日にNHKからの正式(まだ一部追加がある可能性ありますが)発表となるとは思いませんでした。あまりのタイミングの悪さに、恥ずかしい気持ちです。

事前に投稿した”予想”と、実際に発表された歌手の皆さんの答え合わせをしてみると、7割程度が正解というところでしょうか。それだけ予想は難しいのでしょうが、個人的には竹内まりやさんのサプライズ出演に期待しています。

ちなみに、18時半更新記事で書き忘れましたが、若手演歌歌手の皆さんにも、きちんと自分の持ち歌を歌わせてあげて欲しいです。何かの企画にかこつけた昔の曲や、海外の曲を歌っているのを見ると、出場の条件で無理やり歌わせられているのかと感じて息苦しくなります。きちんと自分の曲、それをフルコーラスで聴かせて欲しいです。