MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

乗り物138 在来線のはなしvol20~困ったときのキャッシュレス~

11月12日 火曜日 乗り物138

 

こんばんは。

 

消費増税に合わせ、諸外国に対し遅れているというキャッシュレス決済を促進する動きが盛んですね。わたしはメルペイやPayPayなどを利用していますが、特別還元も期間限定であったり、通帳口座などの個人情報漏洩を懸念する向きもあり、身の回りでも現金決済が主流であることに大きな変化が起きていないように感じます。

 

しかし、キャッシュレス決済は、〇〇payのようなものに限りません。

f:id:Masa_S:20191104114016j:plain

クレジットカードデビットカードなども、キャッシュレス決済の一つです。

実際、スーパーやコンビニなどで、以前に比べてクレジットカードの利用客が増加したという記事も目にしました。電子マネーQRコードには抵抗があっても、クレジットカードは高額商品で利用している方も多いわけで、それをちょっとした買い物でも使うことで還元を受けようということなのでしょう。

キャッシュレス決済は、期間限定で還元を受けられるメリットに加え、現金を持ち歩かずに済むことや、決済時間の短縮、お金が足りずに困ったときなどに便利です。

 

しかし、その広がりはまだ限定的です。実際、日頃利用する鉄道の定期券などはキャッシュカードで買えたとしても、初乗り運賃の切符を買うのにキャッシュカードを使う方はほぼいないと言っても良いと思います。しかし、小銭を使いたくない、財布を無くしたなど、たとえ140円でもキャッシュレス決済ができれば便利なときもありますね。そこで、実はJR券売機で初乗り運賃の切符を、キャッシュカードで買えることをご紹介します。ちなみに、切符の購入では還元は受けられませんので、ご注意ください。あくまで、キャッシュレス決済として知っておくと便利な豆知識です。

 

券売機と言っても、すべての券売機で買えるわけではありません。

f:id:Masa_S:20191104121852j:plain

この、新幹線特急の指定席券などが購入できる券売機のみが対応しています(試しに近距離きっぷ用の券売機で試しましたが、キャッシュカードは使えませんでした)

f:id:Masa_S:20191104122103j:plain

特別料金が必要なきっぷを購入するのが主の券売機ですから、乗車券の扱いは非常に小さいのですが、上の画像・赤枠で囲んだ部分をタッチします。

f:id:Masa_S:20191104122246j:plain

次の画面では、一番上の「乗車券」を押します。

f:id:Masa_S:20191104122316j:plain

すると、「普通列車のみ利用する」という選択肢が出てくるので、押します。

あとは乗車駅名降車駅名を順番に選択すると、内容が表示され、間違いないか確認を求められますので、正しいことを確認してから支払となります。

このとき、「現金またはカードをお入れください」と指示されますので、ここでクレジットカードの出番です。クレジットカードを挿入し、暗証番号を押すと、新幹線に乗車する際に受け取るものと同じ、水色の乗車券が出てきます。

つまり、特急券・指定席券を買わずに新幹線や特急に乗るイメージで、乗車券のみを購入できると覚えておけば良いと思います。

 

わずか140円の切符を、キャッシュカードで買えたのは驚きでした。