温故知新30 名前

11月11日 月曜日 温故知新30

 

こんばんは。

例年この時期の恒例となりました、たまひよ名前ランキングの2019年版が発表されました。2019年1月~2019年9月に生まれた新生児に、どのような名前がつけられたのか、まずは男女ベスト10をご紹介します。

f:id:Masa_S:20191104080049p:plain

わたし世代から見て気づくのは、漢字一文字読みが三音以下が席巻していることです。たしかに呼びやすさという意味で、三音以下は羨ましいと思います。

また、一時期話題となった、いわゆるキラキラネームに比べ、漢字から読むことができる読み方が増えているのも特徴でしょうか。これはキラキラネームが読みづらい、将来、大人になったときに困るといった問題点を、親が考慮した結果かと思います。

また、全体的な印象として、を感じさせる古風な名前が、特に女の子で好まれている気がします。「ひまり」ちゃん、「つむぎ」ちゃん、「さくら」ちゃん、「ゆづき」ちゃんなど、どれも音が和の響きを持っていますよね。

 

また、昭和の時代に多かった名前が、再び見直されているという情報もあります。

いずれにせよ、せっかく生まれた新しい命です。その子どもへの親の想い願いがしっかり込められることが一番大切だと思います。流行はいつの時代もありますが、左右されることなく、熟考してつけた名前なら、きっと良い名前だと思います。

 

それでも名前の傾向も巡る時代の中で流れがあると思うので、過去の情報も参考にしながら、良い名前をつけてあげて欲しいと願うばかりです。