今日は何の日?~11月10日編~

11月10日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

 

11月10日 = トイレの日

です。「い(1)い(1)ト(10)イレ」に因んだ語呂合わせで、一般社団法人日本トイレ協会1986(昭和61)年に制定したものです。この団体は、「トイレ文化の創出と快適なトイレ環境の創造、トイレに関する社会的課題の改善」を目的としており、11月10日には各自治体と共催で「全国トイレシンポジウム」を開催、「グッドトイレ賞」の発表などを行っています。

 

それにしても、トイレの環境は格段に良くなっているのを実感します。とりわけ大便器については急速に改善が進んだと思います。

・和式から洋式へ

わたしが子どもの頃は、学校や公共施設では和式トイレが大半でした。一部で汲み取り式もあったほどです。しかし今では洋式トイレが大半です。

洋式トイレは和式トイレに比べて使用するの量が節約できますし、負担も少なくて済みます。今では和式トイレが使えない子どもも多いと聞きますし、今後さらに洋式トイレに置換されてゆくことでしょう。

・音への配慮

排泄音は決して美しくありませんし、できれば他人に聞かれたくないものです。

こうした気持ちに配慮し、トイレ内に音楽を流したり、便器に座ると流水音がするなど、きめ細やかな配慮がなされているのは、いかにも日本的な気がします。

・衛生への配慮

他人が座った便座にお尻をつけるのは嫌、という、わたしのような神経質な人もいることでしょう。かつてはトイレットペーパーを切って便座に並べるなどしていました。

しかし、便座に敷ける紙が設置されたり、トイレットペーパーを使って拭ける除菌クリーナーが併設されたりと、神経質な人の不安を解消してくれるトイレが増えました。

加えて、排泄物が付着しにくい構造、定期的な自動洗浄、ウォシュレットのノズルヘッドの自動洗浄など、とにかく衛生的なトイレが増えたと思います。

・快適さの追求

さらに、便座にヒーターが内蔵されており、寒い時期でも快適にトイレが利用できます。操作は壁面のタッチパネルに集約され、ボタン一つですべて解決するなど、利便性や快適性も追及されていて、至れり尽くせりです。

 

反面、ここまで利用者に配慮した設計ゆえか、個室の居心地が良すぎるための問題もあると思います。まさにネットカフェ的な個室空間勘違いするのか、次の利用者に配慮せず長時間居座ったり、障害をお持ちの方などが優先的に使える多目的トイレを占領したりと、他人への配慮ができない人を生む要因となっているのは残念ですね。

 

ちなみに男性用小便器についていえば、超小型化して、清掃員の方にとっては相当楽になったことと思いますが、利用する身としては、もう少し隣との仕切りが欲しいという気もします。気にしなければ良いのですが、並んでいる他人のモノが視界に入ったり、逆に自分のモノを見られている気がして落ち着きません

f:id:Masa_S:20191103085242j:plain 小型の小便器。お隣との仕切りも無い。

 

それでも、ここまで利用者、清掃員、環境など各方面に配慮して改善を続ける日本のトイレは素晴らしい文化だとさえ思います。今日は「トイレの日」でした。