MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

【特集】キャッシュレス生活をした感想

11月7日 木曜日 【特集】

 

こんばんは。

 

今夜は「歌謡曲」第77回を準備していましたが、諸般の事情で【特集】に差し替えます。消費増税に合わせるかのように、日本でもキャッシュレスを広めようという政府主導の動きが活性化しています。わたしは仕事柄、様々な方に「国の施策には乗っておいた方がお得ですよ」という話をしている立場上、まずは自分でも試してみる必要から、キャッシュレス生活に切り替えています。しかし、この流れになお懐疑的な見方も依然強く、うちの母も「セキュリティやら色々な面で不安」二の足を踏んでいます。

 

f:id:Masa_S:20191104114016j:plain

コレが経済産業省チラシです。上部にあるCのマーク、よく見かけるようになりました。では、わたし自身が使ってみた感想を書いてみます。

 

■ メリット

・国がそちらに誘導するため、キャッシュレス決済した人に還元してくれます。

 レシートを見ると、還元額が決済段階で値引きされていますね。

・決済が早いです。レジで小銭を出す、後ろに並ぶ方に気を遣うこともありません。

・メルペイでは、メルカリの売上金を、日常生活の決済でも使うことができます。

銀行口座と連動させることで、銀行にお金を引き出す手間が省けます。

 

■ デメリット

・キャッシュレス決済が利用できない、あるいは利用できる種類が限られる。

 したがって、使いたい店舗が対応しているかどうかの確認が必要です。

・キャッシュレス決済に対応していない店も多いので、現金が無いと不安です。

QR決済はスマホアプリを前提としていますので、特に高齢者には馴染みません。

・都市と地方では、対応しているお店の件数に差があり過ぎます。

・やはり個人情報漏洩、その先の銀行口座からの不正利用など、不安が拭えません。

 

わたしは使ってみて悪く無いと思っているものの、消費増税に伴う還元も期限付きですし、今後さらに浸透するには時間を要することでしょう。

国が本気で推進したいならば、かつて国営だったJRなどの鉄道、郵便局など、各地域に広がるネットワークを持つ企業が率先するよう促せば良いと思うのですが、一部郵便局で対応予定とは言うものの、まだまだQR決済やキャッシュカード決済などがこれら企業で普及する様子はありません。それを見ると、本気度に疑問符もつきます。

なお、鉄道のキャッシュカード利用で一つ勉強になったことがありましたので、11月12日の「乗り物」でご紹介する予定です。

 

以上、【特集】でした。