今日は何の日?~10月13日編~

10月13日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

日曜日テーマ「今日は何の日?」です。

10月13日 = サツマイモの日

だそうです。埼玉県川越市にある市民グループ川越いも友の会が制定しました。

 

小江戸の街並で多くの観光客が訪れる川越は、たしかに「いも恋」(菓匠右門)など、サツマイモを使ったお土産などが多く売られています。

川越いもは、水はけと通気性のよい火山灰土と大量の落葉がつくる堆肥の地層がいも栽培に適しており、天保の諸国名物番付天保時代名物競』「サツマイモといえば川越」と記さえるほど、古くからイモの産地として有名だったようです。

しかし、戦後は生産量が激減した中で、川越いもの研究や栽培、イベント開催、本の出版、商品企画など、川越いもの復権に尽力したのが、川越いも友の会でした。

コッペパンのような形で鮮やかな紅色の皮を持つのが川越いもの特徴ですが、お菓子やソフトクリームなどに加工されているものを食べると、とても甘くて美味しいです。

これからにかけ、焼き芋などが恋しくなる季節ですね。そんなを迎える10月、江戸から川越までの距離が約13里なので、さつまいもが「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と言われていたことに因んで、10月13日をサツマイモの日としたのでした。

 

サツマイモと言えば、その名のとおり鹿児島県が全国の生産量の4割弱を占めていますが(安納芋など)、茨城県、千葉県、宮崎県、徳島県が生産量ベスト5です。

たとえば「紅はるか」は、しっとり、ねっとりした食感が特徴的なのに対し、「鳴門金時」はほくほくした食感が特徴です。人それぞれ好みがあると思います。

寒さが増してくるこれからの時期、お気に入りのサツマイモを探してみるのも楽しいかもしれませんね。そんな今日は、「サツマイモの日」でした。