気になるニュース 9月21日~9月27日

9月28日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

 

冒頭、お詫びと訂正です。

昨日の「マニアな小ネタの世界」において、ビックリマン公式サイトにおいて「悪魔ヘッド総選挙」(正式名称は「悪魔だらけのヘッド総選挙」)が開催中と記載しましたが、既に投票期間は終了し、現在は「天使だらけのヘッド総選挙」に切り替わっております。これは、当初、今回のネタを2週間ほど前に書き終えておりましたが、投稿のタイミングを見計らう中で昨日の投稿となった中、内容再検証をせずに投稿したために生じたものです。意味不明なアンケートであることに変わりはございませんが、以上のとおり誤りがございましたため、訂正し、お詫び申し上げます。

さて、今週の「気になるニュース」です。

 

■ 「日本にもいたゲーマーおばあちゃん!」(Game park 2019年9月23日)

我々世代にとってゲームは子どもの頃から慣れ親しんだアイテムですが、その親世代ともなると、やはり拒否反応を示す人も少なくないでしょう。

しかし、日本には御年89歳のゲーマーおばあちゃんがいるそうです。カセットビジョンに始まり、ファミコンスーパーファミコン、プレステ、NINTENDO64、そしてPCと、あらゆるゲームをプレイした遍歴を持つ大ベテランで、今は『Days Gone』や『GTAオンライン』といったタイトルをプレイしながら、プレイ動画をYoutube配信までし、チャンネル登録数2万人以上と言いますから、筋金入りのゲーマーですね。

「とにかく、若いうちからゲームはやっておきなさい」という89歳のおばあちゃんのアドバイスには衝撃を受けました。ボケ防止にも繋がるとも。

画像や記事を拝見する限り、まだまだ現役ゲーマーとして活躍されるでしょう。

 

■ 「天王寺動物園のアシカの赤ちゃん 行方不明」(産経新聞 2019年9月27日)

大阪市にある天王寺動物園は、カリフォルニアアシカのキュッキュ(雌、3カ月)が行方不明になったと発表しました。

前日の排水前におやつをあげたときはアシカ池にいたが、27日、トレーニングのためにアシカ池に行くと、姿が見えなくなっていたといいます。

前日夕方に水を入れ替えるために排水し、水を補充した際、排水溝のカバーが外れていたといい、アシカが排水溝から下水管に入り込んでしまった可能性があるとか。

もしそうだとすれば、入り込んだというより人為的ミスです。まだ幼いアシカ、早く元気に見つかってくれるといいですね。

 

■ 「なぜ?こども園に『幻の機体』」(西日本新聞 2019年9月26日)

長崎市にある認定こども園「中央こども園には、プロペラ機が飾られています。

この機体は、双発プロペラ機「DH-104 Dove」で、日本国内では1950年代に9機導入され、主に本土と離島を結ぶ航路で使用されていたといいます。

現役引退後は、水族館の目玉として展示された後、飛行機好きの個人の手を経て、改装されたこども園へと引き継がれました。

500機超が生産されたという機体も、いまは世界で数機が現存するのみだとか。そんなレアな飛行機が間近で見られるとは貴重ですよね。

 

■ 「大鳴門橋サイクリングロード敷設へ“第一歩”」神戸新聞NEXT 2019年9月26日)

兵庫県の淡路島と徳島県を結ぶ大鳴門橋は、眼下に渦潮を望む吊り橋です。まだわたしが小学生の頃に完成しました。

以前にも書きましたが、道路と鉄道の二層構造で計画され、道路部分先行開通したものの、後のバブル崩壊等を経た中で、本州と淡路島を結ぶ明石海峡大橋では鉄道部分が設けられなかったことから、大鳴門橋の鉄道用部分は空洞となっています。神戸から淡路島と通って徳島に続く鉄道計画が、事実上頓挫したのでした。

徳島県では現在、この空洞部分を整備し、歩いて渦潮の上まで行くことができる「渦の道」を開館していますが、このほど新たに、大鳴門橋の鉄道部分にサイクリングロードを設計する計画について、兵庫県徳島県の共同試験で安全性が確認されたことから、サイクリングロードも設置する方向で整備検討されることになりました。

同じ瀬戸内海の尾道今治ルートは、しまなみ海道を自転車で移動できることがサイクリストに人気ですが、大鳴門橋も鉄道部分を無駄に放置するより、観光資源として有効活用できるならば、個人的にはアリだと思います。

ただわたしは、高所恐怖症ですから行きませんけどね。

 

以上、今週の「気になるニュース」でした。