気になるニュース 9月7日~9月13日

9月14日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

わたしが住む地域は、今朝は秋の爽やかな空気に包まれております。しかし、今週初めの台風により被災した千葉県などでは、思うように復旧が進まず、健康面や衛生面でも苦労が絶えないと聞きます。まずはライフラインが復旧することが最優先、その後に元の生活に戻れることを祈ります。3連休はボランティアに赴くという方もいらっしゃるかもしれませんが、くれぐれもケガや病気には気を付けてください。

 

■ 「NHKの隠れた高視聴率番組」(ORICON NEWS 2019年9月8日)

わたしもかなりの頻度で見ています。放送開始20年以上続くNHK日曜日朝7時45分からの「さわやか自然百景」です。オープニングの曲を聴くと心和みますし、番組はいたってシンプルで、日本列島の四季折々の自然を紹介してくれます。

わずか15分で、定点の四季を映し出すなど、相当に凝縮されていながら、まるでどこかで森林浴でもしているようなリラックスした気持ちになります。

テロップは最小限、ナレーションはアナウンサーに拘り、なるべく、ありのままの自然を視覚と聴覚から訴えかけることを身上としているそうです。

この「さわやか自然百景」から「小さな旅」(一部地域)へと続く日曜日朝のNHKや、土曜日夕方の「人生の楽園」、休日昼間の散歩や旅番組など、平日の疲れを内側から解きほぐしてくれるテレビ番組はありがたい存在です。今後も続いて欲しいと思います。

 

■ 「アオウミガメ 本州初のふ化」(中日新聞 2019年9月7日)

そんな自然の中で、珍しいことが起こりました。

静岡県袋井市浅羽海岸で、熱帯・亜熱帯の海域に生息し環境省レッドリスト絶滅危惧種に指定されているアオウミガメの卵69個が見つかり、うち54匹がふ化しました。

これは本州では初のことだと言い、地球温暖化による海水温の上昇が影響した可能性があると指摘されています。NPO法人では、アカウミガメの保護活動のため、発見した卵を保護していたところ、ふ化したカメの特徴からアオウミガメだと気づいたとか。

地球規模で見ると、温暖化による異変ですから危惧すべきことですね。ただ、カメの赤ちゃんが必死に海に向かって歩く様子は、なんだか応援したくなるし愛らしいもの。

このアオウミガメも、アカウミガメとともに遠州灘に放流されたそうですが、大きく育って欲しいと思います。

 

■ 「『宿題を最後まで残しておいたら…』」(まいどなニュース 2019年9月11日)

「宿題をさいごの日まで残しておいたときの自分と家族の反応」という、壮大な経験を綴った、岩手県に住む小学生の自由研究が話題を呼んでいます。

気にせず放置する初期、それでも楽しむキャンプ、気になり始める様子、抱えきれずに告白する罪悪感、怒り狂う母とほのぼのした父、苦しい胸の内からくる後悔、(自由研究の課題にしていないのに)同様に宿題をせずにいる弟の大物感、そしてついに迎えた極限状態を突破した先の「清々しい朝」、この自由研究を見た先生の温かいコメント、なかなか面白いので、気になった方は探して読んでみてください。

ちなみにこの研究を紹介したお父さんは、創業300年続く自動車板金店を営んでいます。このお父さんもユーモラスな方のようで、手づくりホームページに登場するキャラクター「板金塗装子ちゃん」は、LINEスタンプまであるそうですよ(笑)

 

 

人により、地域により、ストレスも溜まっているかもしれない今日は、ややほのぼの系のニュースを集めてみました。イライラが和みに、怒りが笑いになると良いですね。

 

なお、以前コチラでも紹介しました、地震に直面して困っていた外国人に親切に接したJR東日本の職員さん(仙台市)が見つかったようです。御礼を言いたいと探していた外国人と、当然のことをしたまでという職員さん、良かったですね。