MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

諸国銘菓を江戸で買う26 ハーバー

8月28日 水曜日 諸国銘菓を江戸で買う26

 

こんばんは。

 

今日の未明は、九州北部、特に佐賀県大雨が降り続いたようですね。洪水や土砂災害は、生活に支障を来すだけでなく、命の危険にも繋がります。何より身の安全が第一ですから、くれぐれも慎重に行動してくださいね。

f:id:Masa_S:20190828071255j:plain

 

さて、少し間が空いてしまいました「諸国銘菓を江戸で買う」第26回目は、江戸の隣、神奈川県の銘菓を買ってきました。その名も「ありあけハーバー」、前から見るたびに気になってはいたのですが、名前からは想像できずに躊躇していました。

 

f:id:Masa_S:20190828064315j:plain

横浜といえば、日本を代表する港町の一つですから、ハーバーという名前も理解できますし、描かれている豪華客船(?)も理解できます。

 

購入したのは、東武百貨店池袋店地下1階の売店です。実は複数種類が売られていて、黒船ハーバーというガトーショコラ味に惹かれたのですが、やはり一番オーソドックスであろう商品をと思い、コレを購入しました。

 

同社のHPを見ると、お菓子のカタチを(上から見たカタチを)イメージしており、誕生から60年になる歴史あるお菓子のようです。

と言いながら、実は前身である有明製菓は1999年に倒産したようです。元従業員や市民の運動が実り、県内の菓子製造業者プレシア支援して2000年に有限会社ありあけが、そして2006年に株式会社ありあけとなったようです。それだけ横浜に根付き、愛されているお菓子なんですね。

 

このパッケージに描かれた船は、2009年3月、横浜港に初入港したクイーン・メリー2を描いたものだそうです。60年の歴史を持つお菓子ですから、それ以前のパッケージはどんなだったのか気になって調べましたが、見当たりませんでした。

ところで2009年3月といえば、わずか10年程前です。大型客船がモチーフとはいえ、岸壁と船を結ぶテープ投げはあったのかなど(昭和50年代生まれのわたしでさえ、たった1度しかテープ投げの経験が無いのですが、きっと大型客船なので、今もそうしたセレモニーがあったのでしょうね)、余計なことを考えながらパッケージを楽しみました。

 

肝心のお菓子ですが、餡が詰め込まれたカステラ生地のお菓子です。

各地によく似たお菓子もありますが、ハーバーの特徴はマロン、しかもダブルマロンでしょう。マロンの風味のする餡に、刻んだが入っていて、まさにダブルです。

食感はしっとりですが、中身が甘くないので、食べた後にあっさりした印象でした。

 

神奈川の地元重視ということもあり、あまり東京方面に出していないお菓子という情報もあります。気になった方は、是非お買い求めください。