MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

気になるニュース 8月17日~8月23日

8月24日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

わたしが住む地域は、当初の天気予報から変わり、薄日が差す朝となっています。それにしても急な夕立の日が続きましたが、昨日は夕立もありませんでした。気温が下がり、積乱雲の発達が無かったのでしょうか。季節は秋に向かって着実に進んでいるようです。早く、爽やかで過ごしやすい秋になればいいなと思っています。

 

■ 「『どうせお母さんがあらうんでしょ』」(まいどなニュース 2019年8月17日)

こんな文言が書かれたTシャツのタグがあるそうです。

タグには「多少の色落ちがある」とか「乾燥機の使用は避けろ」というお決まりの文言が丁寧な表現で書かれており、スルーしかかると突如現れるのがこの文言です。

「なんであなたがこれを読んでいるの?どうせお母さんがあらうんでしょ。」

何気なく見ていてコレを読んだら、思わず「うっ・・・」と詰まる人もいるでしょう。このTシャツは、twitter投稿者の父親が20年前くらいに購入したものだそうで、現在は市販されているかも分かりませんが、こんなところにシュールな笑いを忍ばせるとは驚きです。今一度、衣類のタグを見返すと、他にもあるかもしれませんね。

 

■ 「小5女子が考えた!」(東海テレビ 2019年8月21日)

この時期になると、夏休みも終わりを迎える子どもたちの話題が増えてきます。

まず最初は、愛知県知多市に住む小学5年生の女の子が考えたイデア弁当です。ジェイアール名古屋タカシマヤでは、小学生以下の子どもたちを対象に、夢のお弁当のアイデアを募集しました。総応募数140ほどの中から選ばれたのは、虎の顔を形どった卵焼きや、うさぎの形に切られたオレンジなど、に暮らす動物たちを描く絵本のようなお弁当、その名も「森のアニマル弁当」です。

このお弁当は毎日30個限定で、8月27日までの販売となります。

 

■ 「小学6年生がレゴで作った力作」(ねとらぼ 2019年8月19日)

コレは凄いと思います!

小学6年生の女の子が、4時間かけて作ったレゴからくり箱に反響が集まっています。

シンプルな四角い箱なのですが、簡単に取り外せるようになっているブロックを特定の場所に入れると、横に空いた穴からパーツが出てきたり、今度はそれを使ってブロックを引き出したり・・・正しい手順で進めると、最後には一番下からビー玉が入った抽斗が登場する仕掛けになっています。

しかも驚くのは、その手順を誤ると、何も起こらない仕組にもなっており、その凝った作りには大人も脱帽のようで、「天才だ」などの声が集まっているそうです。

子どもは関心を持つと物凄い集中力を発揮しますね。将来が楽しみです。

 

■ 「レアな『強運』黄金ナマズ」(朝日新聞デジタル 2019年8月21日)

鳥取市「とっとり賀露かにっこ館」では、とても珍しい黄金に輝くナマズが展示されています。7月に県東部で捕獲された体長55cmほどの個体で、黒の色素が少ない黄変種だと見られています。

普通は周囲に紛れるよう、目立たない色をしていますが、とても目立つ黄金のナマズがここまで成長し生き残るのは「強運」だそうで、その珍しさもあり、連日多くの人がナマズの水槽に集まっているそうです。この強運、わたしもあやかりたいです。

展示は今月31日までの予定となっています。

 

以上、今週の「気になるニュース」でした。