MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

気になるニュース 7月27日~8月2日

8月3日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

 

台風が西日本に向けて進んでいるようですね。コチラ関東は影響が無さそうですが、進路にあたる地域の皆さんは、十分に警戒してください。

 

■ 「14年前の恩人を探すクレイマーさん」(HUFF POST 2019年8月2日)

米国ハーバード大学で教鞭をとるジャッド・クレイマーさんは、2005年に旅先の仙台市から電車に乗った直後、震度6弱地震に遭遇しました。乗客が次々と電車を降り始める中、日本語が分からず途方に暮れていた彼に声をかけ、宿泊代を払ってホステルに泊め、帰りの新幹線を手配した、30代くらいの片腕のJR職員がいたそうです。

クレイマーさんは、そのことがきっかけで日本語を学ぶようになり、今では日本発のビジネスに、経済学者として参画するなど、日本が好きだと言います。

2019年7月、クレイマーさんは来日し、14年ぶりに仙台を訪れました。当時の記憶と、職員さんの特徴を手掛かりに人探しをしたものの見つかりません。

HUFF POST紙でこのニュースが取り上げられ、同紙にも情報が寄せられ、さらにはJR東日本でも該当者を探したものの、現時点ではやはり見つからないのだとか。

仙台に3年間住んだ身としては、やはり2011年の大震災が脳裏をよぎるのですが、いつかお二人が再会することができれば良いですね。

最近「おもてなし」という言葉をよく聞きますが、「おもてなし」を受けた人が心に沁みるような計らいが大切だと思います。敢えて何かをするというより、こうしたさりげない心遣いこそ、日本らしい「おもてなし」なのではないでしょうか。クレイマーさんのように、一つのきっかけで日本が好きになり、日本に関わりを持ってくれる海外の方が一人でも増えてくれれば嬉しいです。

 

■ 「異常ないのに踏切の非常ボタン」(毎日新聞 2019年7月31日)

他人のことを思い遣るニュースがある一方で、自己中心的な嘆かわしいニュースもあります。異常が無いのに踏切の非常停止ボタンを押したとして、68歳の男性が偽計業務妨害の疑いで逮捕されました。調べに対し、「足と心臓が悪く、歩くスピードが遅いため、列車が来ないように押した」と話しているそうですが、杖などは所持しておらず、歩行に支障が無い模様です。

この踏切では、今年4月以降20件ほど同様の行為が発生しており、JRが設置したカメラの映像から、この男性の関与が浮かび上がりました。

本来の目的を逸脱した行為で周囲に迷惑を掛けることは許されません。しっかり警察にも捜査してもらいたいです。

 

■ 「聖光学院の『にゃーご』名付け親は投手」(朝日新聞デジタル 2019年8月2日)

少しイライラするニュースだったので、次は癒し系のネタを。

夏の甲子園大会に出場する、福島県聖光学院高校野球部のグラウンドには、1匹の猫が住み着いています。白と茶のまだら模様の野良猫につけられた名前は「にゃーご」。

鳴き声から「にゃーご」と命名したのは、準々決勝でスライダーを駆使して好投した佐藤楓真君だそうです。一番最初ににゃーごが姿を現したのは昨年11月頃。バックネット裏の自販機の上で暖をとっていたのですが、キャットフードを与えると、やがて警戒心も解けたのか、毎日やってくるようになりました。

今では練習の合間に選手たちが撫でると、体を横にしてゴロンとする様子も見られるとか。夏の甲子園聖光学院はにゃーごパワーで躍動するのか、そしてにゃーごには優勝祝いのキャットフードが振舞われるのか、期待ですね。

 

■ 「『ルリちゃんに叱られる』」(産経新聞 2019年8月1日)

「ボーっと生きてんじゃねぇ~よ!」でお馴染みなのはNHKのチコちゃんですが、「ボーっと走ってんじゃね~よ!」と叫ぶのは栃木県警のマスコットキャラクター、ルリちゃんです。今年上半期の後期高齢者の運転による死亡事故は、栃木県が全国ワーストだったことを受け、栃木県警が啓発のために作ったポスターです。

ポスターの名も「ルリちゃんに叱られる」だそうで、パクリ感は拭えませんが、お年寄りに優しくといった風潮の中で「ボーっと走ってんじゃね~よ!」という少し衝撃的な物言いはインパクトがあり、個人的には悪く無いと思います。

特に暑い日など、本当にそう感じる高齢者のクルマもいますからね。老若男女問わず、安全運転が第一です。もうすぐお盆休みも迫る中、日頃はクルマを運転しないドライバーもハンドルを握るケースがあるでしょう。ルリちゃんに叱られないよう、注意力を高めて運転したいものですね。

 

以上、今週の「気になるニュース」でした。暑いですから、水分補給などしっかりケアして熱中症に備えてくださいね。