諸国銘菓を江戸で買う24 羊羹

7月31日 水曜日 諸国銘菓を江戸で買う24

 

こんばんは。

 

気温もさることながら、なんだか湿度が高いようで、温度以上に体への負荷が掛かっている気がします。本当に来年の今頃にオリンピックを開催するのか、今一度立ち止まって開催時期を再考すべきではないかと個人的には思っていますが、来年の今頃に医療機関消防庁が大変にならないことを祈りつつ、「諸国銘菓を江戸で買う」です。

 

f:id:Masa_S:20190731173942j:plain

地図を貼り付けて気づくのです。本日ご紹介する羊羹は愛知県の銘菓で、以前にも愛知県を取り上げていたことに。今さら変えられないため、続行します。

 

f:id:Masa_S:20190731174044j:plainf:id:Masa_S:20190731174100j:plain

購入したのは、ドン・キホーテ中野店です。税別98円のわりにボリュームのある羊羹です。実は、本来は以前見掛けた4個入り120円の水羊羹を探しに行ったのですが、あいにく商品が入れ替えられたのか、水羊羹はありませんでした。

こうも暑いと、喉ごしが良い食べ物に目が行くものですが、記事を書くためには仕方ないと、普通の羊羹を購入したところが、愛知県ダブリになった、というのが真実です。

 

製造しているのは、愛知県豊橋市に本社を持つ杉本屋製菓さん。調べてみると、創業は1915年だそうで、100年以上続く老舗の品と判明しました。

同社のHPを見ると、羊羹ができるまでを、漫画で紹介するなど、羊羹は主力商品のようですね。包装の左下に書かれていますが、「ループカット」なる開封システムも使いやすく、手を汚さず、手軽に羊羹を食べられるのも、羊羹に真摯に向き合って開発されているのだな、と感心しました。

 

画像では見づらいと思いますが、栗ようかんは、全体もボリュームがあるのですが、がしっかり入っていて、食べ応えあります。これで98円(税別)ならばお買い得かと。

この時期なので冷えていれば文句なしでしたが、さすがにそこまでは求められませんからね。偶然の産物で購入した羊羹、愛知県の銘菓でした。