MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

今日は何の日?~7月21日編~

7月21日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

 

7月21日 = 自然公園の日

 

です。「優れた自然の風景地を保護するとともに、その利用の増進を図ることにより、国民の保健、休養及び教化に資するとともに、生物の多様性の確保に寄与することを目的として」1957(昭和32)年に定められた自然公園法の制定を記念しています。

 

自然公園には、国立公園国定公園都道府県立自然公園の3種類があり(自然公園法第2条第1項)、その総面積は537万ha、国土のおよそ14%が自然公園と言いますから驚きます。また、東京都の面積の約36%が自然公園だそうです。言われてみれば、東京都は都心部でも緑が残っていますし、奥多摩地区や小笠原諸島など、自然豊かな場所も多いですから、大都会と自然が上手に融和できているのかもしれません。

 

ちなみに、国立公園は国が指定・管理するのに対し、国定公園は国が指定・都道府県が管理、都道府県立自然公園は知事が指定・都道府県が管理という具合に、指定管理の違いから区分されています。

 

この対極にあるものとして、都市公園があります。

都市公園は、都市内において、市民の休養・運動に供する目的で、地方自治体が都市計画に則り設置した公園を意味します。

都心部や開発された大型団地で見掛ける公園は、コチラに属することになります。

 

まだ梅雨は開けていませんが、間もなく梅雨も明ける模様です。自然豊かな環境で迎える夏は、井上陽水さんの「少年時代」が聞こえてきそうですね。

わたしは少年時代、夕方に公園の樹木に友達と一緒にを塗り、翌朝のラジオ体操前に木を蹴って、落ちてくるクワガタムシカブトムシを捕まえていました。特にノコギリクワガタヒラタクワガタが採取できたときは、レアものゲットで嬉しかったのを覚えています。一方で、石をどけるとムカデが登場したり、網を持って走っていると、マムシに遭遇して追い回されたりと、自然は危険も潜んでいます。

しかし、そうした楽しみも危険も併せ持つ自然環境と共生していくことも、子どもながらに覚えた気もします。今思い出しても、エバーグリーンなみずみずしい記憶です。

 

今日はせっかくの日曜日。家から出て、自然の中で生かされている感覚を味わう、そんな日曜日も良いかもしれませんよ。「今日は何の日?」でした。