MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

小さな旅59 夏休み目前!関東近郊温泉巡り

7月18日 木曜日 小さな旅59

 

こんばんは。

 

いよいよ夏休みが迫り、旅行や帰省の計画を練っている方も多いと思います。

そこで本日は不定期テーマ「小さな旅」で、日頃の喧騒から離れ、静かな時間を過ごせる、関東近郊の3つの温泉をご紹介します。

 

■ 土肥温泉(静岡県伊豆市

西伊豆を代表する土肥温泉(といおんせん)は、西側に海が開け、サンセットを楽しめることで有名です。温泉に浸かりながら見るサンセットは、感傷的な気分になります。

夏は海水浴も楽しめますし、海越しに望む富士山もまた美しいです。東伊豆ほど賑やかでは無いため、落ち着いて滞在したい方にはオススメです。

わたしが宿泊したホテルは、近海で獲れた魚介をふんだんに使った食事も美味でした。

f:id:Masa_S:20190714070258j:plain

f:id:Masa_S:20190714070314j:plain

f:id:Masa_S:20190714070344j:plain

これだけの魚料理が夕食で提供され、お値打ちだったと思います。西伊豆は、アクセスの際の道の狭さを除けば満足でした。

※舟盛りとマグロのカマは、全員でシェアします

 

磯部温泉群馬県安中市

磯部温泉(いそべおんせん)は、温泉記号(♨)発祥の地として知られます。また、舌切り雀の話も、ここ磯部温泉が発祥と言われています。

群馬県では、草津温泉伊香保温泉、水上温泉四万温泉など、全国的に名の知れた温泉が多い中で、磯部温泉は少しマイナーな印象もありますが、そのぶん静かな時間が流れる場所でもあります。上信越道の松井田妙義ICからすぐの場所ですから、実はそれほどアクセスも悪く無い場所です。

f:id:Masa_S:20190714072001j:plain

f:id:Masa_S:20190714072013j:plain

f:id:Masa_S:20190714072023j:plain

これでもかと地の食材を活かした料理は、すべて手が込んでいて、余すことなく群馬の食を楽しめます。大満足でした。

 

■ 河口湖温泉(山梨県南都留郡

富士の麓にある富士五湖の一つ、河口湖には、富士の絶景を拝める宿がいくつもあります。河口湖温泉(かわぐちこおんせん)は、有名温泉地に比べて歴史は浅いですが、関東や中部圏からの良好なアクセスと、その景色の良さは屈指と言えるでしょう。加えて、宿の館内は静かで、とても落ち着ける点も気に入っています。

f:id:Masa_S:20190714073603j:plain

f:id:Masa_S:20190714073615j:plain

f:id:Masa_S:20190714073626j:plain

この景色も含めて贅沢な時間が静かに流れる河口湖温泉は、2年連続で訪れましたが、また行きたいと思っています。

 

これからのシーズン、もしよろしければ、旅行プランのご参考になさってください。