諸国銘菓を江戸で買う20 過去9回を振り返る

6月26日 水曜日 諸国銘菓を江戸で買う20

 

おはようございます。

 

f:id:Masa_S:20190625194102j:plain

ここ最近、ほぼ休み無しで働いておりましたが、本日は久々に振替休日を取得しました。節目ごとに行う「過去9回を振り返る」で、脳内旅行をしながら、この記事を書いています。「諸国銘菓を江戸で買う」です。

 

東京を除く46都道府県をアトランダムに取り上げる中、現在までに16道府県の銘菓(メジャーではないものもありますね)をご紹介しました。およそ1/3です。

第11回~第19回のうち、番外編だった第16回を除く8回を振り返りますが、第10回の振り返りと同様に、いただいたスター★の数でランキングしてみます。

 

第5位 通りもん(福岡県) 生くず餅(滋賀県) ★★★★

第3位 豆乳ようかん(熊本県) アップルパイ(青森県) ★★★★★

第2位 そば餅(京都府) ★★★★★★

第1位 羊羹(広島県) ★★★★★★★

 

今回は、第3位および第5位に同数で2商品が並びました。

「通りもん」や「アップルパイ」という定番品と同数で並んだ「生くず餅」や「豆乳ようかん」は、善戦と言って良いのではないでしょうか。

第2位そして第1位は、京都府広島県という場所に注目しました。「八つ橋」「おたべ」「もみじまんじゅう」という、誰もが知る銘菓を抱えるこの府県にあって、それ以外にも美味しい銘菓があるということをご紹介できたことが、スター数の伸びに繋がったのかな、と感じました。きっと他にもまだまだ銘菓はあるでしょうね。

 

個人的に言えば、今回の8道府県でご紹介した中で、滋賀県の「生くず餅」が一番わたしの好みの味でした。反対に、一つもスターがつかなかったのが、北海道の「ちょっと甘いもの」です。豆の素材を活かしていて、本当に尾を引く美味しさなのですが、きっとわたしの文章の拙さゆえに魅力が伝わらなかったのでしょうね。

新千歳空港でも扱っている店舗はごく僅かですし、都内のショップでも纏め買いする姿を見ているので、本当は美味しさを知っていただきたいんですけどね。

 

さて、全体のおよそ1/3を過ぎました。まだまだ諸国の味を探して、引き続きご紹介していきますので、引き続きご愛読いただければ嬉しいです。

 

以上、20回目の節目「諸国銘菓を江戸で買う」でした。