【特集】通算100回目前!マニアな小ネタの世界95

5月5日 日曜日 【特集】マニアな小ネタの世界95

 

おはようございます。

 

昨日書きましたが、今日もビックリマンネタです。なにせ、曜日テーマのうち「マニアな小ネタの世界」が、一番わたしの勝手気ままに書けるテーマですから、もう飽きたよ・・・と言われたとしても、今日もビックリマン推しでいきます。

 

今日は虫干しの途中でシールを眺めながら、意外とかわいいと思ったお守さんたちをいくつかピックアップしてご紹介します。

 

f:id:Masa_S:20190429191354j:plain

まずはNo54(第5弾)助うごです。前も取り上げたかもしれませんが、前身であるまじゃりんこシールにも通じる緩さが溢れています。

キャラのタッチもそうですが、土砂をくみ上げているだけに「ドシャ~!」と言ってるあたりも、ビックリマンらしさが出ています。

 

f:id:Masa_S:20190429191713j:plain

やはりコイツは外せません。No67(第6弾)油あげの助です。このかわいい絵もさることながら、ネーミングが無性に好きなんです。人間の名前でも「~之助」はありますが、「油あげの助」ですよ。なんか滑稽ですよね。

 

f:id:Masa_S:20190429191939j:plain

続いてはNo79(第7弾)アルミ之助です。正直なところ、今まで全くのノーマークでした。偶然、保存状態が完璧だなぁと見入っていたときに、この頭部の曲面の具合と、アルミの光り具合に魅せられて気に入ったのです。こういった埋もれたキャラ、30年近くの時を経て再発見できるのは、嬉しいです。

 

f:id:Masa_S:20190429192306j:plain

No88(第8弾)からはふくろう太助です。旅がらす風の出で立ちなのに、ふくろうというのがアクセントになっています。裏紙の説明も、忍術を言いたいために、無理やり「大竹忍」を引っ掛けているところが、いかにもビックリマンです。

 

f:id:Masa_S:20190429193009j:plain

No126(第11弾)狐火鈴もいいですね。油あげの助といい、わたしは狐系のキャラが好きなのかもしれません。の威を借る狐なのに、悪魔を恐れて冷や汗タラリなところも、お守の属性を上手に活かした傑作だと思います。

 

どうでしょう。昨日から書いているとおり、すくみもナイスキャラがたくさんいると思いませんか?人気ヘッドを何回も焼き直すより、ストーリーを作り、それに沿ったすくみキャラを入念に仕立てて欲しい、そう願うのはわたしだけでしょうか。