MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

【特集】わたしが選ぶ何でもランキング①

4月22日 月曜日 【特集】

 

こんばんは。

今週からは20日連続【特集】企画をお伝えします。最初の5日間の共通テーマは「わたしが選ぶ何でもランキング」と題し、色々な分野のベスト5を、わたしの評価だけでランキングしてみたいと思います。

 

第1日目の今日は、「商談で使いやすい喫茶店ランキング」です。なお、なるべく地域差が起こらないよう、広く展開しているチェーン店を対象とします。逆に言えば、地域限定では、さらに商談に向いた喫茶店もあると思いますし、ホテルのラウンジのような場所は今回のランキング外としています。

 

第5位 ドトール

駅前などの立地の良さは大きなポイントです。

なにせ初対面での商談となれば、待ち合わせ場所は重要です。鉄道が発達したエリアの場合、改札を出てすぐにあるというのは、説明も楽で、間違わない利点があります。

加えて、「アイスコーヒー」Sサイズ220円という価格も良心的です。カフェインレスメニューも揃うなど、健康に配慮している点も良いですね。

一方で、隣席との距離が狭くて商談内容が丸聞こえになること、多くの方が利用するために出入りが激しく落ち着かないことなど、商談場所として見ればマイナスポイントも大きい気がします。加えて、Tポイントプログラムも終了してしまいました(4月19日)から、この点も個人的には残念です。

 

第4位 エクセシオール

ドトール系列でいえば、エクセシオールカフェがあります。

ドトールより少し上級という位置づけです。商品ラインナップも少しオシャレ、値段も少し高め、その分、店内は少し上質で落ち着いています。

結果的に、商談という要素で考えたとき、ドトールより上位にランキングしました。

立地は、ドトールほど駅近ではありませんが、決して不便な場所でもなく、説明しやすい場所(大きな施設や駅前通り沿いなど)にある点もプラス要素です。

コチラも、ドトール同様にTポイントプログラムから離脱しました。

 

第3位 カフェ・ベローチェ

ドトールと同じく低価格帯というのがまず魅力です。

それでいて店舗はやや広めになっているため、席の間隔も少しゆったり取れる点も良いです。もちろん混雑した時間帯は無理ですが、1人なら2人席、2人なら4人席を案内してくれるなど(全部の店舗共通かは分かりませんが)、商談という意味では使いやすいと思います。店舗の立地も悪くありません。

但し、関東や各地都市部には多いものの、空白地帯も多い点はマイナス要素です。全国的に店舗展開すれば、わたしの中での評価は上がります。

 

第2位 星乃珈琲店

名前は珈琲店で、もちろん珈琲にこだわりを持っているとHPでも謳っていますが、食べ物メニューも充実した喫茶店です。

名物の窯焼きスフレパンケーキはふんわりリッチな食感ですし、カレーにパスタにプレートランチと、ファミレスに匹敵する品揃えの良さです。

また、飲食にも適するよう店内は広く、席の配置も落ち着いた印象があります。ゆっくり商談ができるという意味で上位に置きました。立地も悪くありません。

強いて言えば、毎回の商談に使うには高いという点がデメリットでしょうか。

 

第1位 珈琲所コメダ珈琲

わたしの選ぶランキング第1位は、コメダ珈琲です。

とにかく席が広く、仕切りもありを据えて商談できる点が素晴らしいです。「街のリビングルームでありたい」というコンセプトが、店舗設計に反映された結果でしょう。

11時までに入ってドリンクを頼めば、選べるモーニングがついてくるのも嬉しいサービスです。しかも前売りのコーヒーチケットを購入し、チケットでドリンクを頼んでもモーニングがついてくるので、お得です。フードメニューも充実していて・・・と、商談に適した云々から離れて、コメダ珈琲の魅力を書いていますが、とにもかくにも、店内の落ち着き、価格、お得感などでマイナスに感じる部分が、わたしには無いです。

加えて、ほぼ全国に展開している点も、プラス要素だと思います。

 

他にも都心部では、ルノアールや集といったチェーン店が商談には使われますね。もちろん、個人によって評価は異なるところですが、勝手にランキングしてみました。