乗り物110 航空機ニュースvol3

3月12日 火曜日 乗り物110

 

こんばんは。

 

わたしがかつて好きだったシミュレーションゲームに、「エアーマネジメントⅡ 航空王をめざせ」というものがあります。

コーエーの作品で、2作出されたものの、その後は続編が出ないままですが、実にシンプルながら遊びごたえがあるゲームです。

まず全世界の30余りの都市から本社を置く都市を1つ選びます。4人のプレーヤー(わたしの場合はコンピュータ相手)は、全世界に向けた路線開設を目標にしのぎを削るのですが、わたしは東京を本社とするANAL(ANAJALにしたら変な名前になりました)航空の社長として、ゲームに臨みます。

ゲームの進行はシンプルなもので、スロット交渉を行い、スロット獲得すると路線開設に向けて準備をします。また航空機を発注し、納入すると、各路線に投入することができます。こうして開設した路線の売上から、整備費等を除いたものが利益になります。

ゲームには歴史が反映されていて、東西冷戦のうちは(東京を本社とした場合)東側の航空機は購入できなかったり、スロット獲得も困難を極めます。また戦争が発生して石油が高騰したり、オリンピック万博海外旅行ブームがあるなど、イベントによって旅客数などにも影響が出るよう設定されています。

航空機については、たまにキャンペーンと銘打って、10機購入すれば安くなったり、新型機の紹介をしてくるなど、航空機メーカーも売り込みに余念がありません。

また、他社と競合する場合、その路線の運賃を下げたり、新型機を投入して差別化を図り、路線撤退に追い込むべく策を講じます。もちろん、ゲームなので、相当極端なことができる点は現実とは異なりますが、現実においても少なからず差別化を図って顧客を囲い込もうとする点は同じでしょう。その意味では、新型機というのは大きな魅力であることは、ゲームプレーでさえ同じことです。

 

そろそろ前置きをやめ、現実の話に戻ります。

既に多くの報道がなされていますが、エチオピア航空の旅客機が、離陸後間もなく墜落し、乗客乗員全員が亡くなったという痛ましい事故がありました。

亡くなられた方やご遺族の無念を思えば言葉も出ないですが、その怒り(疑念)の矛先が航空機メーカーであるボーイングに向けられていることもご存知のとおりでしょう。昨年10月には、インドネシアのライオン・エアーでも墜落事故が発生しており、半年の間に2度墜落、しかもいずれも最新型B737MAX8型で、離陸後間もなく上昇に支障を来して墜落していると言いますから、設計上の瑕疵が疑われるのも頷けます。

日本の航空会社はまだ導入していませんが、全日空が30機発注し2021年頃から納入予定とも報じられており、この2件の事故の原因究明が気になるところです。

 

ボーイング社は瑕疵は無いと主張していますが、原因が究明されていない以上危険があるとし、中国など複数の国や航空会社が、同型機の運航を停止する措置を取っています。安全第一ですから、個人的には当然だと思いますが。

 

これに対し、FAA(アメリカ連邦航空局)は、即時の運航停止を求めないものの、ボーイング社に対して4月までに緊急改善措置を求めたと報じられています。改善ということは、何かしら問題に心当たりがあり、それを是正せよという話でしょうから、やはり何か技術上の問題があったのでは、とさらに疑念を抱きます。

 

なんでも、高度な技術なので難しい話は分かりませんが、とりわけ疑念が持たれているのは、失速したと判断した場合に機首を下げる装置が取り付けられているらしく、これが何らかの誤作動を起こして発動し、墜落に繋がったのではないかと述べる専門家もいます。たしかに、離陸後は上空の所定の高度到達まで、ひたすら上昇を続けるのが普通ですが、この2件の事故では何度も機首が上下を繰り返しており、結局は墜落してしまっていますし、他の機種では起きていないことを見れば、その説に説得力があります。

 

いずれにせよ、正確な情報がもたらされていない中で時期尚早ではありますが、そうした安全装置は人為的ミスを補完する程度のものが理想だと思います。何でも電子制御すれば誤作動の危険性もありますし、妨害行為などによって甚大な事故を引き起こす可能性もあるからです。航空機であれクルマであれ、何でも自動は危険だなと思うのです。

ボーイングは787型も初期不良が多く発生しましたし、その点ではわたしの中では少し不安に感じる部分があります。もっとも、国内航空会社にはまだB737MAX8は投入されていませんし、国内路線の大半はボーイング社の機材ですから、ボーイング社の機材を避けるのは現実的ではありませんが、できれば信頼のできる機材に乗りたいもの。

新型という言葉につい心奪われるところを堪えたい、と思っていたら、「わたしが乗る便はB737MAX8ではないのか」という問い合わせも殺到しているようで、同じようなことを感じている方も少なくないのだな、と思った次第です。

 

以上、雑感ですが、早く原因解明、そして不具合是正が講じられることを願います。また、亡くなられた方々には哀悼の意をささげたいです。