MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

【特集】30000アクセス記念!アノ記事読み返し③

12月30日 日曜日 【特集】

 

おはようございます。

今年も残すところ2日です。既に故郷に帰省されている方、海外でバカンスを楽しんでいる方、わたしのように、特に何もすること無く家に閉じこもっている方、それぞれの年末年始を満喫されていることでしょう。

 

金曜日からの3日連続【特集】、「30000アクセス記念!アノ記事読み返し」の最終日は、2016年の記事からです。随分と前の記事ですが、アクセスいただいているようですので、今ここに再び、読み返してみたいと思います。


 

ゴルフカートの横転事故をネタに書き出していますが、本論は、ゴルファー保険での救済について述べたものです。

カート運転者のミスで横転した場合、想定される賠償の対象としては、

①同乗者のケガや同乗者の所持品の破損等

②同乗者以外(たとえばカート道近くにいた方)のケガや所持品の破損等

③横転させてしまったカートの破損

が想定されます。いわゆるゴルファー保険に加入していれば、これらすべてが補償されるのか、という点について記事で纏めました。

 

結論としては、①と②はゴルファー保険の対象となり、③は対象となりません。

③が対象とならない理由は、賠償責任保険の一般的な免責条項である、いわゆる管理下財物についての規定が当てはまるからです。自己の管理下にある他人の財物について発生した損害は、免責なのです。もっとも、最近の個人賠償(日常賠償)では、こうしたケースを一定限度額まで補償する、あるいは自己負担額を設定して補償する保険もあります。しかし、ゴルファー保険では未だ変更ないと思います。

年末年始、ゆっくり時間がある方は、ご自身が加入されている保険の内容を見直すというのもアリかもしれません。

 

そしていよいよ明日は、大晦日、今年最後の投稿となります。