MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

気になるニュース 11月24日~11月30日

12月1日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

ついに12月に突入しました、コチラは寒い朝を迎えております。既に先月末から忘年会も始まっており、いよいよ年末が近づいてきた気がします。

先月途中、お陰様で当ブログの通算アクセス数が30000を超えました。7月末に20000アクセスを達成して4か月で10000アクセス増えたことになります。毎月2500アクセスと考えれば、始めた当初は想像できなかった数字です。読んでいただいた皆さん、ありがとうございます。また、通算投稿日数が800日、総スター数も970を超えており、積み重ねの結果だと感謝しております。

通常、10000アクセス毎に組む【特集】ですが、時期的なこともあり、年末年始に組みたいと思っておりますので、ソチラもご興味あれば、よろしくお願いします。

 

さて、今日は通常モード、今週気になったニュースです。

 

■「都道府県名を“一文字”で表現した漢字」(AbemaTIMES 2018年11月27日)

北海道・札幌市在住でデザイン学部を専攻している大学4年生のARAMAさんが、47都道府県を一文字で表現した創作漢字を作りました。「都道府県の名前を知っていればなんとなく読めることを目指して」「都道府県の名前を書くのがめんどくさいから、全部一文字」にしてツイートしたところ、大反響だったそうです。

たとえばわたしの出身地である徳島県は、

f:id:Masa_S:20181201064526j:plain

全体は「徳」の字に寄せてますが、つくりの部分をよく見ると、「島」の下半分くらいにも見えます。まるでこれが正しい漢字であるかのような錯覚に陥ります。

他にも秀逸だと思ったのは

f:id:Masa_S:20181201064946j:plain

岐阜県です。この創作漢字、まるで実在する正しい漢字に思えてなりません。「岐阜」の各漢字のへんつくりを取っただけなのに、この安定感は凄いと思います。

もっとも、国語の先生が見れば、眉を顰めるかもしれませんが。皆さんの住む都道府県の漢字がどう纏められたのか、興味ある方はARAMAさんのツイートを探してみてくださいね。ちなみに、ARAMAさんのお気に入りは三重県だそうです。

 

■「話題の『昆虫自販機』買って食べてみると」(日テレNEWS24 2018年11月26日)

今週はなぜかほんわかムード、ゆるめのネタが多い気がします。

今度は熊本市の子飼商店街に設置された昆虫自販機の話題です。中には「ワーム(毛虫)」「コオロギ」「ゲンゴロウ」「コオロギプロテインバー(チョコ味、抹茶味)」「オケラ」「バッタ」、名前を見るだけでゾクッとしますが、実際に売られています。

600~1,900円という高値にもかかわらず、2日間で100個売れる人気ぶりだそうで、この自販機を設置したお店自身さえ、この反応に戸惑っているようです。

さらに自販機では扱えないタランチュラ・サソリも店内販売しているとのこと。昆虫が苦手なわたしにとっては、想像だけでも背筋がゾクッとしますが、興味本位で購入される方も多いのでしょうね。そう言えば、昔、どこか外国でムカデを串焼きにして食べていたのを見たことがありますが、わたしなら失神しそうです。

 

■「『ヤン坊マー坊』の生みの親、中邨靖夫さん死去」朝日新聞デジタル 2018年11月29日)

「僕の名前はヤン坊 僕の名前はマー坊♪」この曲が流れると夕方の天気予報の時間、というのがわたしの中の定番でした。それもそのはず、2014年3月の終了まで、実に55年にわたり放送された、ヤンマーディーゼル一社提供の天気予報でしたから。

この弾むような楽し気な曲に合わせて登場するのが、キャラクターであるヤン坊マー坊です。まるでサザエさんの登場人物のように、洋服に「Y」「M」と書かれてあるベタさもあって、なんだか親しみやすさを感じていました。

このキャラクターの生みの親である中邨靖夫さんが、死去されたそうです。

平成最後の年末、昭和から親しまれてきたキャラクターを長く支えられた方の訃報に触れ、なんだか残念です。ご冥福をお祈りします。

 

■「『あんこ』がピンチ! 需要ピークも材料高騰で悲鳴」(テレ朝news 2018年11月28日)

年末年始にかけて1年で最も需要が高まるというあんこがピンチだそうです。

原因は、その材料となる小豆価格の高騰です。国産小豆の約9割は北海道産ですが、夏の多雨で収穫量が約2割減る見込みで、価格は昨年同時期に比べて約4割高で推移しているのだとか。加えて、2016年も北海道では台風被害などがあった影響もあり、過去のストックも無い状況が続いており、小豆の絶対数不足が深刻です。

今週水曜日、わたしは都内の百貨店に入るお店で今川焼を買いましたが、値段は1個75円で従前と同じでした。しかしこれも時間の問題かもしれません。自他ともに認める甘党のわたしにとっては、おしるこ、おはぎ、今川焼、たい焼きなどの価格上昇はゆゆしき事態ですから、早く価格が安定してくれることを願っています。

 

12月は飲み会が増える時期です。健康管理とともに、事件や事故にも巻き込まれないよう、注意しながら、楽しい年末を迎えたいものですね。

以上、今週の「気になるニュース」でした。