MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

小さな旅56 紅葉求め昇仙峡へ

11月19日 月曜日 小さな旅56

 

こんばんは。

月曜日は「マニアな小ネタの世界」が通常テーマですが、このところボヤき続けていましたので、たまにはリラックスムードも良いかと思い、本日は「小さな旅」です。

8月以来の「小さな旅」、今回は山梨県にある紅葉の名所、昇仙峡への旅です。なお、掲載の写真は11月14日時点のものですので、ご了承ください。

 

昇仙峡は、秩父甲斐多摩国立公園の一部で、甲府盆地の北側に位置します。景勝地として知られ、日本二十五勝平成の名水百選等にも選ばれています。

今回は甲府方面から、県道7号線(昇仙峡ライン)を北上しました。途中狭い個所もありますが、先行車もいたおかげで迷うことなく進みました。

f:id:Masa_S:20181118102001j:plain

光の具合で暗めですが、道路脇には何か所か撮影スポットがあり、ココもその一つです。水よりも、川の岩の奇形が目に留まりました。長年の川の流れによって作られた珍しい岩は、他の場所ではあまり見ないものでした。

f:id:Masa_S:20181118102222j:plain

これは昇仙峡のホームページにある、モデルコース地図の一部を抜粋したものです。今回はモデルコースとは異なりますが、画像の一番下にある県営無料駐車場でクルマを止めました。かなりスペースはありますが、やはり紅葉時期とあって、平日にもかかわらず満車状態でした。そこで困っていると、誘導の方から耳より情報をいただきました。

駐車場内からバスが出ており、バスに乗車する場合は、大型車スペースを無料開放すると言うのです。条件付きは好きでは無いのですが、ここから先は山道、それを登ることを考えれば、バスで仙娥滝まで行ける(片道300円)のはありがたいことです。

なお、バスはその先まで運行していますが、バス停区間ごとに300円でした。我が家は仙娥滝までの1区間でバスを降り、仙娥滝から下り坂を歩いて、県営駐車場に戻ることにしました。その方が楽ですからね。

f:id:Masa_S:20181118102746j:plain

仙娥滝です。水のしぶきも美しいですが、小さなが掛かっていました。昇仙峡は15年ぶりですが、前回どうだったのか記憶がありません。しかし、滝に掛かる虹も良いもので、多くの方がシャッターを切っていました。

f:id:Masa_S:20181118102942j:plain

これはかなり下った先、石門を抜けた先に東屋のような場所があり、その奥にはモミジカエデ、イチョウが色鮮やかで、まるで京都や奈良かと思うような景色が広がっていました。イチョウはやや色落ちしていましたが、モミジ、カエデはまさに見頃でした。

f:id:Masa_S:20181118103151j:plain

昇仙峡の見どころの一つ、覚円峰です。どのように出来たか不思議なほど、丸い帽子や兜でも被っているかのような形です。人工的には作ることができない、まさに自然の造形美と言えるでしょう。上から下まで収めるのには苦労しましたが、なんとか1枚の写真に収めることができました。

 

駐車場に戻ると、そこにはお土産や食事ができるお店があります。お店で打っているというほうとうは、やや細めですが、とても食べやすい硬さで、味噌味が濃くて美味しかったです。やはり秋から冬は、芯から温まる鍋物がいいですね。

ちなみに、バスに乗ると貰える乗車券には、こちらのお店限定で使える100円割引券がついています。食事でもお土産でも使えますので、便利ですね。

 

2018年の紅葉は、間もなく終わりに近づいていますが、関東近郊でまだ紅葉を見ていない方、昇仙峡、良かったですよ。以上、不定期連載「小さな旅」でした。