MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

今日は何の日?~11月18日編~

11月18日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

日曜日テーマ「今日は何の日?」です。昨日も言いましたが、すっかり寒さが増した今日この頃、わたしが子どもの頃ならば、そろそろタツを出そうか、という時期でした。そんなコタツに入りながら、冷たいアイスクリームを食べるという発想に驚いたのを覚えています。そんな記念日が今日のテーマです。

 

11月18日 = 雪見だいふくの日

 

雪見だいふくと言えば、ロッテが1981年10月に発売以来、根強い人気を誇るアイスクリームです。大福という和菓子と、アイスクリーム、そして冬、このアンバランスさは昔から一貫しています。大福と言っても、求肥に包まれているので、その後スイーツとして売られている「雪苺娘」(山崎製パン)なども、この後追いと言えます。

さて、口に入れると、粘りのある柔らかい求肥と、中から出てくるアイスクリームの甘さがたまりません。特に冬は、クリスマスケーキのように、甘いものが欲しくなる季節ですから、和と洋を一度に食べた贅沢気分も味わえます。

 

1992年からは毎年、新しい味も登場し、多くは期間限定発売とすることで、プレミアム感の演出にも成功しています。

そして2018年4月からは通年販売も開始されました。冬限定品だった雪見だいふくが、その他シーズンにも食べられることを消費者がどう受け止めるか、関心があります。

 

ところで、なぜ11月18日が雪見だいふくの記念日か、お分かりでしょうか?発売は1981年10月ですから、発売日を記念日にすれば良い気もします。

理由は、以下の画像をヒントにお考え下さい。

f:id:Masa_S:20181117083044j:plain

分かりましたか?

この画像を右に90度回転させます。

f:id:Masa_S:20181117083132j:plain

はい、数字の「18」に見えます。11月は「いい」の語呂合わせ、「いい」「雪見だいふく」を記念したものでした。

なんだか無理やり感もありますが、美味しいことに違いありません。

プチ贅沢の雪見だいふくが食べたくなりました。