MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

気になるニュース 11月10日~11月16日

11月17日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

今朝の関東地方は晴天が広がっていますが、とにかく朝晩寒くなってきました。寒さに慣れるまでが体調管理が大変だと思います。年末まで残すところ1か月半、忘年会なども増える時期ですから、くれぐれも暴飲暴食や風邪にはお気をつけください。

 

■「圏央道 坂東PA本格検討」(茨城新聞クロスアイ 2018年11月15日)

クルマで出掛けて高速道路を使うケースもあると思います。わたしは仕事で圏央道(正式名称は、首都圏中央連絡自動車道といいます)を使うことがあるのですが、今のところ不便を感じたことはありません。

それは、圏央道西側、海老名~久喜白岡あたりを利用することが多いからかもしれません。それより東まで運転すると、ある困ったことに直面する可能性があるそうです。

PAの問題です。西から東進すると久喜白岡IC手前およそ5kmほどに、菖蒲PAがありますが、その先約76kmにわたりPAなどの施設が無い、空白区間が続いているのです。

時速80kmで走ればおよそ1時間、大したこと無いように思うかもしれませんが、連続運転による疲労や、急な便意などは、困りものですよね。PAやSAがあれば、”あと少し”で我慢もできますが、この1時間は短いようで長いです。

今回、この空白区間のほぼ中間地点に、坂東PA(仮称)は設置される予定です。2017年5月に、坂東市議会がPA設置中止を求める決議を全会一致で可決以来、計画が白紙のままでしたが、2022年度からは順次4車線化も始まる中で、それに合わせる形での設置が本格検討に着手することとなりました。

休憩、トイレ、そして同じく空白区間が約114km続いている給油と、便利な圏央道を、利用者が安心して使えるよう問題解決になることを願います。

 

■「国際キログラム原器 130年ぶり変更」(毎日新聞 2018年11月16日)

質量、時間など単位の定義を議論する国際度量衡総会がフランスで開催され、キログラムの単位を見直すことが決まりました。130年ぶりのことです。

と言われても、何のことかピンと来ませんよね。フランスのパリ近郊にある質量、国際度量衡局には、キログラムの基準となる金属製分銅国際キログラム原器があり、これがキログラムの基準とされてきましたが、来年5月からは物理学で使う「ブランク定数」を基に計算する方式に改めるそうです。

はっきり言って、物理が苦手だったわたしには、なんのことやらさっぱり分かりませんが、基準になるものが変わっても、重さ自体に変更は無く、日常生活に影響が出ることも無いそうですから、一安心です。

 

■「来年から出しません」(朝日新聞 2018年11月15日)

家電量販店に行けば来年の干支にちなんだソフトが置かれ、郵便局に行けば早期購入特典の案内が配られる、そんな年賀状の時期になりました。

年賀状離れを食い止めるべく、日本郵便が開発した名字に纏わるサイトが人気を博していることは以前ご紹介しましたが、一方で、現実では年賀状を出さない方向で動いている方も少なく無いようです。それも、安定的に年賀状を買ってくれていた高齢者層に広がっていると言いますから、日本郵便には頭の痛いところでしょう。

ほぼ疎遠になっている中で、あて名の管理も面倒、さらに年賀状を買って書くのも面倒となった高齢者たちが、徐々にお付き合いの輪を狭め始めたのです。「終活」年賀状とはそのことで、突然出すのをやめるのではなく、「来年からは年始のご挨拶を辞退致します」と宣言し、従前の親交に感謝を伝えて「終活」に入るのだとか。

ある意味でサヨナラが近づき、関係が遠のくわけで、寂しさを覚えるのは自然だと思いますが、我が家の両親を見ても、お付き合いの幅が広がると面倒だと思っているのも事実で、今後さらにこうした動きも顕著になるのかと思います。

お正月の風物詩であり、日本の文化であり、日頃会わないからこその近況報告であり、年賀状には様々な意味や思いもありますが、その様相も変わりゆくのかもしれません。

 

■「赤血球キャラでお勉強」(毎日新聞 2018年11月12日)

このアニメ、なかなか面白いです。

この夏、漫画はたらく細胞がアニメ化されたのを見たのですが、「制御性T細胞」「ナイーブT細胞」「マクロファージ」など、生物に登場する本格的な細胞たちがキャラクターで登場し、人体に侵入した細菌やがん細胞を相手に戦います。

マンガで勉強なんか・・・という考えもあると思いますが、たとえば三国志をキッカケに歴史に関心を持って勉強を始めた知人もいますし、関心を持つキッカケとしてはアリだと思います。この「はたらく細胞」は、細胞のはたらきが分かりやすく説明されており、授業だけでは眠くなる内容を楽しく学べると好評です。

TVアニメ「はたらく細胞」製作委員会は9月末の放映終了に合わせ、キャラクター画像の教育医療関係者らへの無償提供を始めており、福井県では中学校のテストにも利用されたそうです。個人的には、面白いと思うので、もしご興味あればYoutubeなどでも探してみてください。

 

以上、今週の「気になるニュース」でした。