MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

今日は何の日?~9月23日編~

9月23日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

カレンダー上、今月2度目の3連休となった中日です。

 

9月23日 = 秋分の日

 

いつもは少し変わった記念日を見つけてくるのですが、今日は直球勝負です。秋分とは、昼と夜の長さがほぼ同じになることで、その秋分が起きる日という意味です。

さて、ここからがわたしが無知だったのですが、秋分の日は9月23日固定なのだと思っていました。違うんですね。40年以上経って初めて知るという恥ずかしい事態ですが、
毎年国立天文台が「秋分日」を含め作成する翌年の「暦象年表」という小冊子に基づき、施行年の前年に閣議で決定されて2月第1平日付の官報に政令「暦要項」に「秋分の日」として公告されるという手続で決まるものだそうです。

天文学の計算など、わたしに分かるはずも無いのですが、その計算の結果、1980年~2011年まではすべて9月23日が秋分の日となっていました。わたしは1970年代後半の生まれで、物心ついたのは1980年代ですから、秋分の日=9月23日と誤解したのも(自己弁護ですが)やむないかもしれません。

 

しかし、2012年以降、西暦を4で割り切れる年は9月22日が秋分の日に該当し、割り切れずに余りが出る年はすべて9月23日が秋分の日になります。今年は2018年、4で割れば2余るので、9月23日の今日が秋分の日となりました。

この計算式がエンドレスで続くかと言えばそうではなく、2044年を境に、2075年までは西暦を4で割って割り切れる年に加え、4で割って1余る年も9月22日が秋分の日となり、その他は9月23日が秋分の日に。

さらに2076年から2099年までは、4で割って3余る年以外すべて9月22日が秋分の日で、3余る年のみ9月23日が秋分の日になるそうです。

 

不死身の薬でも無い限り、その頃にはわたしは亡くなっているでしょうが、こうした計算式に則って秋分の日が変わっていたこと、まさに天文学な話だと思いました。

わたしにとっては、大好きなおはぎが出回る嬉しい時期でもあります。もちろんご先祖様の供養も心の中では忘れずに行っています。

 

以上、「今日は何の日?」でした。