MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

マニアな小ネタの世界64 ティッシュ

9月14日 金曜日 マニアな小ネタの世界64

 

こんばんは。

最近、電車に乗るとマスクをしている方が増えてきました。わたしは予防用にマスクを欠かしませんが、気温変化に対応できず、風邪を引いている方もいるようで、そうなるとこれからのシーズン、マスクは必需品になります。それと同様に欠かせないのが、ティッシュです。元来、アレルギー性鼻炎を持つわたしにとって、小学生時代からティッシュは必需品、ホコリはもとより、温度変化にも花粉にも、あらゆるものに反応しては鼻水が垂れるのですから、始末が悪いのです。

そんな鼻には、肌触りの良いティッシュが最適なのですが、これもまた困るのが、柔らかすぎるティッシュです。柔らかすぎると、一度に出る鼻水の量に耐え切れずれてしまったり、その柔らかい素材が鼻に引っ付いてくしゃみを誘引したり。したがって、適度なしっかり感を持ちながら、鼻に当てても痛くならないティッシュが、わたしにとって追い求めるティッシュ像です。

一方で、少し汚したときに拭くには、そんな高級ティッシュは必要ありません。勿体ないですよね。そこで役立つのが、街角で配っているティッシュです。

不景気の頃は企業も節約志向、街角のティッシュ配りも見掛けませんでしたが、景気が回復するや、街を歩けばすぐにポケット一杯のティッシュが集まります。

 

f:id:Masa_S:20180901090659j:plain

こうした企業は、配布数こそ多くないですが、ティッシュに印刷してあり、少し高級感を漂わせています。紙質は良くも悪くもなくという印象でしょうか。捨てられてもプラゴミの中でも目立ってやるという意思を感じます。

f:id:Masa_S:20180901090919j:plain

紙質はピンキリですが、とにかくをくれるのがアミューズメント系です。とても助かります。配っているアルバイトさんも、早く配布したいのか、2個、いや3個くらいくれるときもありますし、往復で通ってもくれたりします。わたし大好きです。

f:id:Masa_S:20180901091101j:plain

それなりに配っているのに、社員さんらしきピシッとスーツを着こなした方が配っているのが不動産系です。紙質は概ね良好ですが、なにせ社員さん。きちんと見定めているようで、あまりラフな格好だと軽く敬遠されたり、複数個貰おうと往復してもくれなかったりと、なかなか手ごわい相手です。

 

わたしは袋に印刷されていないタイプで、粗雑過ぎない紙質のティッシュが好きですが、配布されるティッシュはローカル色もあったりして、意外と面白いです。

これからのシーズンに備えて、再び備蓄を開始しようと目論んでいます。

 

以上、今週の「マニアな小ネタの世界」でした。