MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

【特集】ちょっぴり早いお盆休みスペシャル①

8月5日 日曜日 【特集】

 

おはようございます。

20000アクセス突破【特集】の第3弾、ちょっぴり早いお盆休みスペシャルを6日間書いていきます。曜日テーマに関係なく、暇つぶしに読んでいただく内容にします。

本日はうどん屋巡りです。

お盆休み、どこに出掛ける予定も無く、家でいるという方も少なくないでしょう。しかし、奥様の家事にも夏休みは必要です。どこか食べに出ることになった場合、意外と高くつくこともあり、家計にとっては痛手になることもあります。

そんなとき、庶民の味方はうどん・そばでしょう。特にうどんはボリュームもあり、安くて、疲れた夏の胃袋にも適しています。

 

■ 丸亀製麺

何度かブログで紹介していますが、もはや海外にも進出した讃岐うどんのチェーン店ですね。本来は釜揚げうどんがお勧めですが、夏に熱いうどんは敬遠したい方もいるはず。そこでお勧めしたいのがざるうどん(並290円)です。

ぶっかけうどんの冷もありますが、何店舗か食べ比べたところ、ぶっかけのつゆが薄くて水っぽい店舗があり、当たり外れがありました。その点、ざるうどんはつけ汁が別で、味もさっぱりと濃く、うどんもざるの上で水切りされているため、コシがしっかり残ったまま食べることができます。

量も適量、まさにに適した胃袋にも財布にも優しいうどんと言えます。

丸亀製麺は、集めて使えるうどん札や、クーポンが貰える丸亀製麺アプリなど、コスパが高いことでも知られます。まだ行ったこと無いという方、行ってみてください。

 

■ 大木うどん店

埼玉県は桶川市の県道12号線から少し入った場所にお店はあります。

店構えも立派で、清潔感ある店内には、座敷とテーブルがあります。

f:id:Masa_S:20180803093829j:plain

f:id:Masa_S:20180803093855j:plain

写真を見ていただければ分かると思いますが、コチラのうどんは太さで有名です。わたしはもりの太いうどんを注文しましたが、まずビジュアルに驚きました。

うどんというより、ほうとうなどに近い太さ。食べてみると、噛んだ断面も厚みがあり、まだの部分もチラホラと見えました。

ネット上でも賛否両論あるようですが、わたし好みでは無かったです。うどんのコシと言うより、ズシリと重く密度の高いうどんは、ツルツルと吸い込むより、ブチブチ切って食べる感じです。それも食べ進めるにつれて、だんだん胃袋に溜まり、七味などを加えながら目先を変えて、ようやく完食しました。但し、お揚げは美味しいですよ。

なんだか厳しい書き方ですが、美味しいという意見が大半であり、評判の店でもあるので、きっとわたしの舌が味音痴なのだと思います。

うどんの太さは細と太から選べますから、だと違った評価になったはずです。太は煮込み系に適しているかもしれません、冬に再訪したいと思います。

ちなみに、もりうどんは太さに関係なく550円でした。

 

■ 今福屋

コチラは桶川市中心部、桶川駅からも徒歩圏内にあります。

f:id:Masa_S:20180803095236j:plain

f:id:Masa_S:20180803095253j:plain

なんだか可愛らしい造りの店構えが、桶川という宿場町の雰囲気にも似合っています。

わたしが注文したのはきのこ汁うどんです。うどんは少し縮れがあり、汁がよく絡んで、味がしっかり伝わってきます。冷たいつけ汁は、さっぱり濃厚と言えるでしょう。うどんも良い意味でが無く、好き嫌いが分かれにくいと思います。

夏はやはり、こうしたすっきりした麺類が欲しくなります。

それでも食べれば適度に腹を満たしてくれますから、うどんはやめられません。

個人的な好みを言えば、同じ桶川市で食べるなら、わたしは今福屋さんが好みです。

ちなみに、地元の方の会話を聞いていると、コチラのうどんは店内の売店でも購入できるそうで、うどんを買って帰る方もいるそうですよ。

 

 

他にも関東近郊、美味しいうどん屋さんもたくさんあります。今回ご紹介しきれなかった、群馬県や神奈川県のうどん屋さんは、また機会を改めてご紹介したいと思います。

お盆休み、在宅で過ごす方も、ほんの少しドライブで出掛けてみてくださいね。