MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

今日は何の日?~7月15日編~

7月15日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

暑いです、朝から。寝苦しい夜で体調崩されていませんか?

さて、日曜日テーマ「今日は何の日?」ですが、

 

7月15日 = ファミコンの日

 

です。ファミコン!わたし前後の世代には必須アイテムであり、懐かしくもありますよね。1983(昭和58)年のこの日、任天堂が発売した家庭用ゲーム機、ファミリーコンピュータを略してファミコンですが、それから35年が経ちました。

暑い夏、網戸の横で扇風機を回しながら、ランニングシャツ姿でファミコンをしていると、「外行って遊びなさい!!!」と叱られましたっけ。当時は家で遊ぶのはダメ、子どもは公園で元気に走り回れと言われたものです(田舎だからか?)。

結果、炎天下に虫かごと網を持って虫取りをするか、木の茂みに秘密基地を作って遊ぶとか、開放されていたプールで泳ぐか、いずれにしても屋外が主流でした。

 

そんな時代に、家庭で手軽に遊べるファミコンが大ヒットしたことは、世代を問わず知るところですから、いかに大ヒット作だったかは説明不要でしょう。

わたしは最初、親戚宅にあったファミコン「ポパイ」「ベースボール」「テニス」というオーソドックスなゲームをプレイしていましたが、新しいもの好きな母親がクリスマスに買ってくれて、我が家にも早めにファミコンが導入されました。

ダックハントでは画面を飛ぶ鴨を専用の「ガン」で撃ち落としたり、エキサイトバイクでは難度の高いコースを作ったり、けっきょく南極大冒険では平和に遊んだかと思えば、アイスクライマーでは画面からの消し合いでケンカしたりと、語り出せば思い出は尽きません。ドラゴンクエストⅢ」を最後に、わたしは一時期ゲームを離れましたが、大学合格して一人暮らしを始めてからは、プレステに移行しました。

 

今はPCゲーム、携帯型ゲームなど、プレイしたいゲームに応じてハードを選んでいますが、「ファミコンミニ」を並んでゲットしたのは、やはりかつての思い出に浸りたいからでしょうね。そう言えば、一時販売停止になっていた「ファミコンミニ」は再販されたようですが、人気の程はどうなのでしょうか。

 

長くなりましたが、今日は「ファミコンの日」でした。