MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

気になるニュース 6月30日~7月6日

7月7日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

サッカーワールドカップで日本は敗退、自然災害により各地で大きな被害発生、オウム真理教の元幹部ら7人の死刑執行など、色々な意味で世間の注目を浴びたニュースが多かった中、皆さんはどんな一週間を過ごされましたか?

今週もそんなビッグニュースとは無縁な「気になるニュース」を書いていきます。

 

■「ガチャピン&ムックが復活!」(ザ・テレビジョン 2018年6月30日)

今年3月で番組が終了した「ポンキッキーズ」(BSフジ)は、前身である「ひらけ!ポンキッキ」(フジテレビ系)から通算して45年の歴史を誇る子ども向け番組でした。

わたしも小さい頃は、「ひらけ!ポンキッキ」をテレビの前で見ていたので、番組終了は寂しい気持ちでしたが、その番組の顔でもあり、人気キャラであるガチャピンとムックが、新番組「ガチャムク」で独立し復活することとなりました。

恐竜の子どもであるガチャピンと、雪男の子どもであるムックは永遠の5歳児という設定、子ども目線でありながら、ときにシュールだったりする彼らの活躍に、今後も期待が集まることでしょうね。

 

■「新潟―粟島航路、44年ぶり復活」(産経新聞 2018年6月30日)

ガチャムクが45年の歴史を引き継ぎ、新たな歴史を歩み始めるなら、コチラは44年ぶりの復活を遂げたという話題です。

粟島浦村の粟島港と新潟市を結ぶ航路は、7月20日までの平日計15日間限定で復活します。これは社会実験の一環として、上越新幹線とのアクセスが良い新潟市と粟島を結ぶことで、利用客の動向や首都圏からの観光客の取り込みを探る目的があるそうです。

わっぱ煮や真竹炭製品などが島の特産品です。あまり知られていない島を訪れるキッカケになるかもしれません。

 

■「観光名所『香嵐渓』モミジ多すぎで4割伐採計画」(中京テレビニュース 2018年7月4日)

まだ真夏到来前で気が早いかもしれませんが、秋の紅葉にまつわる話題です。

愛知県豊田市にある紅葉の名所香嵐渓では、約4,000本あるというモミジの4割ほど伐採するという話が持ち上がっているそうです。

理由は、木の間隔が密集し過ぎたため、陽当たりの悪い場所ができ、発育不良の木は色づきが悪く、結果的に景観を悪くしているからだそう。

こうした自然界の競争に委ねるのも自然ですが、一方で人の手を入れて、観光資源としての景観を維持したい思惑も分かります。今後どのような判断が下るのでしょうか。

 

■「30秒で出庫できる地下駐車場」(日刊工業新聞 2018年7月2日)

大雨被害が心配な高知県ですが、高知県(および東京都)に本社を持つ技研製作所が、技術で注目を集めています。

24日に開館する図書館複合施設「オーテピア」の設備として受注した「エコパーク」は、エレベーターを中心に、車を載せるパレットを放射状多階層、設置する構造で、30秒以内の出庫を実現しています。

立体駐車場、特に旧式の機械の場合、自車のパレットが離れていると、何分も待たされることがあり、その間に後ろに人が詰まると、なんだか落ち着きませんよね。

圧力技術で30秒以内出庫、とてもキャッチーです。そして、画像を見るとなんだか近未来の駐車場を見ているようで、ワクワクします。あとは、稀にある立体駐車場内での事故が起こらないこと、メンテナンスの費用などが気になるところでしょうか。

 

■「自販機のボタン一つで宅配弁当」(ITmedia 2018年7月6日)

今週のラストは、新サービスの話題です。その名も「宅弁」

サントリーぐるなびという、異色コラボですが、ユニークなアイデアだと思います。午前8~10時に、職場内に設置されているサントリーの自販機で弁当のボタンを押し、「購買証明コイン」を受け取るだけ。

時間になると、出来立ての弁当が職場に届けられる他、「購買証明コイン」と同時に現金を入れると、サントリーの自販機の飲料が10円引きになる仕組み。

ユーザーはランチタイムの混雑を回避して時間を有効活用できるメリットが、飲食店には新たな顧客開拓のチャンスが、サントリーは自社飲料を安定的に販売できるメリットが、各々にあるという判断でのコラボ、他社にも広がるのか、個人的には面白いサービスと見ていますが、注目です。

 

以上、今週の「気になるニュース」でした。豪雨による被害が大きい地域では、くれぐれも安全第一での行動を心掛けてくださいね。