MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

今日は何の日?~6月24日編~

6月24日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

 

6月24日 = ドレミの日

 

いきなり書き出しましたが、6月24日は「ドレミの日」だそうです。「ドレミ」と聞けば、亡くなったペギー葉山さんが子ども向け番組で歌っていた「ドレミの歌」を思い浮かべるのはわたしだけでしょうか。

音階を覚えるのに適しており、子どもの頃、「ドはドーナツのド、レはレモンのレ♪」と元気よく歌っていたのを思い出します。

実はそのドレミの音階、最初にできたのが11世紀初頭イタリアだそうです。イタリアの僧侶ギドー・ダレッツオは、6月24日に開かれる「洗礼者ヨハネの祭」のため、聖歌隊に「聖ヨハネ賛歌」を教えるべく作ったのがドレミの音階でした。

ちなみに讃歌では、音階が上がっていく各節の歌詞の頭文字を取り、「Ut Re Mi Fa Sol La」と表されていたのですが、「Ut」の発音のしづらさから、初めは「主」を示すDominusのDoに変更され、最後の歌詞から「Si」が終わりに加わったのが17世紀、こうして現在の「Do Re Mi Fa Sol La Si」が完成したのでした。つまり、あのドレミ音階は、国産でも無ければアメリカでも無い、イタリアからやってきたのですね。

 

ところで、音楽ネタを書いたので、もう一つ。わたしにとって6月24日は、一人の歌手が亡くなった悲しい日でもあります。村下孝蔵さん(享年46歳)です。

最大のヒット曲は、1983年発売の「初恋」でしたが、「ゆうこ」「踊り子」や、我々の世代であれば「陽だまり」(めぞん一刻の曲)などでも知られています。

とても地味な歌手でしたが、ギターの腕前は随一と言われ、わたしは何より日本語の美しさに惹かれたのでした。無闇に横文字を使わず、「恋」「愛」などをストレートに使わず、日本語が持つ語彙を存分に活かした作詞は、秀逸だと感じていました。

そんな村下孝蔵さんがこの世を去ったのが1999年6月24日。その命日は、「初恋」の歌い出しに因んで「五月雨忌」と名付けられ、ファンの間でイベントが開催されています。以上。本日は長めの「今日は何の日?」でした。