MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

保険+α 第46回~火災保険のコト~

5月3日 木曜日 保険+α 第46回

 

おはようございます。

大型連休後半の初日、コチラの朝はどんより曇り空、いつ雨が降り出してもおかしくないような鉛色の空です。五月晴れとはいかず残念ですが、たまにはゆっくり休んで、リフレッシュしたいですね。

昨夜は「小さな旅」更新が遅い時間になりましたが、ありがたいことに更新後にアクセスがグンと伸びていました。昨夜の更新時間が遅かったこともあるので、今朝の更新も少し遅らせてます。

 

さて、今回の「保険+α」は、火災保険についてです。火災保険、家を購入したときに加入はしていますが、どういうケースで保険が支払われるのか、知らないコトだらけだったので、久々に証券を取り出し、知人の損保マンに教えてもらいました。

 

■ 外部からの物体の飛来や衝突

外部から何かが飛んでくる、と聞いて思い浮かべること。それは、公園で遊んでいる子どもの野球やサッカーのボールが飛んできて、窓ガラスが割れるというベタな映像を思い浮かべました。しかし、うちの近所には公園がありません。

本当にこの補償、必要なのかな?と思い、聞いてみました。要らない補償をたくさんつけられて、保険料を引き上げられているのではないか、と思ったからです。

彼が挙げた例は、運転を誤ったクルマが飛び込んできて、門や塀、家に衝突するケースでした。そう言われた途端、必要だと感じました。我が家はL字カーブの角ですから、曲がり損ねたクルマが衝突するリスクはあります。

 

■ 給排水設備からの水漏れ

購入して10年以上経過しているため、そろそろ水周りにも一部劣化が出てきています。ある意味、一番気になっている部分です。

聞けば、給排水自体の修繕費用は対象外なのだとか。たしかに、劣化したのが原因で、その部分を保険で修繕するなら、単なる無償修理になってしまいます。保険でカバーされるのは、そうした箇所からの水漏れによって天井が濡れたり、壁が濡れたりといった拡大被害が発生した部分の修理費用だそうです。まさに、偶発的に起きた損害です。

なお、わたしが入っている保険は、給排水自体の修理費用も10万円限度で補償してくれるものらしく、意外と良い保険だと思いました。

 

■ 風災

最近の日本は異常気象が多いです。やはりこれからの時期、気になるのは台風等です。

それを補償してくれるのが「風災」という項目で、わたしの保険の場合、20万円以上の損害(但し、廃材処分費等を除き、適正な金額で見積もって)であれば支払われるということでした。まだ具体的な被害に遭ったことが無いので、壊れるといくらの見積が出るか分からず不安もありますが、知っておくことは大切ですね。

なお、最近の保険では、この20万円という縛りが無く、自己負担額以上の損害が出れば支払う内容が増えているそうです。

 

このように、保険には加入しているけれど、内容は知らない。あるいは、加入当時に説明を受けたものの忘れてしまった、というケースは意外と多いと思います。

万が一に備えて加入した保険、証券という形でしか存在しないものに対し、それなりのお金を支払っているわけです。機会あれば、皆さんも見直してみると良いと思います。

 

 

**告知**

知り合いの生命保険の募集人が、マネープランを無料でやっています。

今のお金のコト、将来のお金の予測、いかにお金のムダを無くすか。こうしたお金にまつわるコトについて、見える化作業をしていて、無料です。

多くの方にお金のアレコレを知って欲しいと頑張っている人間なので、興味あればお繋ぎします。わたしも診断してもらいましたが、人生設計をする上で役立ちました。もちろん、保険加入も勧められましたが、納得して加入しました(笑)