MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

気になるニュース 3月24日~3月30日編

3月31日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

春風に背中を押されて一度コートを脱ぐと、少しひんやりしてもコートを着なくなりました。でも、花粉症真っ只中にあるわたしは、当面はマスク着用はやめられません。特にコンタクトをしているときの目の痒みや、口の奥の痒みは辛いです。

3月最終週となった今回の「気になるニュース」です。

 

■「トラックが高架下に挟まり渋滞」(ホウドウキョク 2018年3月30日)

もはや概要の説明も不要なほど、タイトルのママの記事です。ここでタイトル以外に補足しておくなら、脱出には約3時間半掛かった、ということでしょうか。

それにしても衝撃的なほど見事に挟まっていたので、ついご紹介しました。ぜひ、元の記事で写真をご覧ください。

 

■「徳島県、決裁済み書類を書き換え」(朝日新聞デジタル 2018年3月30日)

”決裁文書の書き換え”問題は、3月の国会を大混乱させましたね。決済済文書を書き換えてはいけないことは、多くの社会人にとっては当然だと思うでしょう。

そんな大問題は、徳島県でも行われていたことが判明しました。徳島県選挙管理委員会事務局を務める県市町村課が、2016年の参院選の際、作業ミスを隠すため、決済済の支出予定額を書き換えるという問題行為を行っていました。

金額が変わった理由は、立候補した3陣営のうち1陣営の選挙公報原稿が、所定の枠をはみ出しており、当該分を縮小コピーしようとしたのですが、誤って他2陣営も同比率で縮小コピーしたため、結果的に約35万8千部が無駄になったものです。

記事の読みようによれば印刷会社のミスで、印刷会社の負担にすれば良いようにも思えますが、県が負担していることからすると、県の指示が悪かったのですかね。

会社でもコピーミスなど日常的に起こり得るケアレスミスです。

わたしがこの記事を取り上げたのは、決裁文書の書き換えで、改竄と言われても仕方ないほどの行為を行っていた財務省のニュースに比べ、この徳島県の書き換え、なんと砂消しで数字を「950万円」を「1,250万円」に直していたそう。子どもか!とツッコミたくなるような原始的な手法は、あきれを通り越して脱力系記事でした。

 

■「立命大、88歳研究員に博士号」(東京新聞 2018年3月24日)

この季節、新たに大学に進学してきたであろう若者を、街中でも多く見掛けます。夢や希望に溢れ、学びの意欲に燃えていると思いますが、なにもそれは若者に限ったことでは無いのですね。老いてなお、学びに貪欲な方が紹介されています。

立命館大学は、客員協力研究員の尾関清子さん(88)に博士の学位を授与したそうです。縄文時代の布に関する論文を提出し、晴れて博士号が与えられました。国内最高齢での博士号、とても素晴らしいことだと思います。

ちなみに国内最高齢での学士号は、わたしの記憶では96歳の方だったと思います。こうした人生の先輩方の学びの姿勢、わたしも爪の垢を煎じて飲まなければと、気持ち新たにさせられる記事でした。

 

■「秋田の自販機向けバーガー、店頭販売でも人気に」(秋田経済新聞 2018年3月24日)

各地に少なからずあるであろう、故郷の人にだけ知られている味(わたしの故郷の徳島県で言えば、フィッシュカツであったり、大野海苔であったり)。秋田県にある「秋田畑」店頭販売されている、自販機向けハンバーガーが人気商品になっているそうです。

市民に親しまれる「BIGバーガー」は、チーズとてりやくの2種類で、ともに200円。製造元の倒産や、専用自販機の老朽化など、幾多の困難を乗り越えた結果、県内特産物を扱う「秋田畑」での店頭販売に辿り着いたとのこと。多い日には80個も売れるそうで、やはりソウルフードはいいもんですね。

記事に添付されている箱の写真が、レトロ感溢れていて良い味、出してます。

 

■「石垣島から台湾に漂着のカメラ」(フォーカス台湾 2018年3月29日)

今週最後は海外からのニュースです。

湾東部・宜蘭県蘇澳にある岳明小学校の児童が27日、浜辺の掃除中に発見したデジタルカメラが、日本と台湾の心を繋ぎました。

デジタルカメラには、石垣島でダイビング中の2015年夏の写真などが残っていたそうで、持ち主に返したいと、同小の教諭、李公元さんがfacebookを使って持ち主を探す投稿をしました。結果、東京都在住の女子大生から、自分のものであるとの申し出があり、本人確認もできたため、3年ぶりに持ち主の手に戻ることとなりました。

女子大生は、6月に台湾を訪れ、李さんに会うそうで、李さんや岳明小の児童など「たくさんの方々に感謝の気持ちでいっぱいです」と述べています。

なんだかほっこりするニュースですね。同時に、長く海水に浸かっていたはずのカメラの強靭さや、よく充電できたな、など、別の意味での驚きも覚える記事でした。

 

以上、今週の「気になるニュース」でした。いよいよ来週からは4月です。フェイクニュースが無いよう、また記事を集めていきたいと思います。