MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

今日は何の日?~3月4日編~

3月4日 日曜日 今日は何の日?

 

おはようございます。

3月に入り最初の日曜日を迎えました。曜日テーマ「今日は何の日?」です。

 

3月4日 = 円の日

 

1869(明治2)年3月4日、明治政府が貨幣を円形として金銀銅の貨幣を鋳造する制度を定めたことに因んでいるそうです。当時、通貨政策を担当していた大隈重信は「元」を提案しましたが、その会議の4カ月後に作られた外交文書には「一円ヲ以テ……」と記され、「円」なる単位が登場しているのです。

その決定に至る経過が知りたいところですが、残念ながら1872、73年の火災により議論に関する公文書が焼失し、はっきりした理由は不明なのだとか。モデルとなった香港銀貨「壱円」を真似たとする説、中国の円形通貨「銀円」に由来するという説、形が円形で統一されたという形由来の説などが有力ですが、どれが正しいかは不明です。

 

そんな日本円(YEN)は、米ドルやEUのユーロと並び、世界的に取引される屈指の通貨となりました。そんな円硬貨に関して、もう少し雑学を調べてみました。

 

■ 製造コスト

調べてみると、高額な硬貨ほど製造コストが安い傾向にあるようですね。

    1円 = 2~3円

    5円 = 7円

  10円 = 10円

  50円 = 20円

100円 = 25円

500円 = 30円

最近では電子カード決済などが進み、少額硬貨の発行枚数も減少傾向のようですが、1円や5円は製造するほど赤字になることも影響しているのでしょうか。

 

■ 発行枚数

わたしは「レア」という言葉に反応する傾向がありますが、硬貨や紙幣にもマニアがいるように、同じ「円」でもレアな硬貨が存在するのです。

たとえば、5円や50円では、真ん中にある穴がズレていたり、形が歪であったりという製造ミスなどが挙げられるようです。

もっと身近な意味で言えば、製造年により発行枚数が異なるため、少量生産だった年の硬貨はマニアの間でも価値が高いそうです。とりわけ、市場に出回らないプルーフ用のみ生産された年の硬貨などは、かなりレア度も高いのだとか。

そんな意味では、わたしは先日、偶然お釣りでもらった500円玉に目が留まりました。「昭和六十四年」と書かれていたのです。昭和天皇崩御されたため、たった7日しか無かった昭和64年の500円玉でした。一説では5倍以上の価値があるとする情報も見つかり、思わず財布の中で別保管したのですが、レア好きなわたしは興味を持ちました。

紙幣でも、2000円札はほぼ見ませんし、銀行等でも使用できない機械がありますよね。

 

話がかなり脱線しましたね。日頃「円」が溢れている生活に慣れているわけですが、今後は電子取引も増え、いずれは世界共通の通貨ができるかもしれません。

そんな現代、日本が誇る「円」が制定された、今日は「円の日」でした。