MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

小さな旅 第39回~なるほど天晴れ!チェーン店④ パンチョ~

2月14日 水曜日 小さな旅第39回

 

こんばんは。

仕事が思いのほか長引いてしまい、更新が遅れました。今夜の「小さな旅」は、昨年6月末以来となる久々の「なるほど天晴れ!チェーン店」シリーズの第4弾です。もはや自然消滅したかと思われていたかもしれませんね。

今夜ご紹介するのは、スパゲッティーの「パンチョ」さんです。

 

■ スパゲッティーの「パンチョ」について

馴染みが無いという方も多いはずです。首都圏でも、都内8店舗、埼玉県大宮に2店舗と、エリアがかなり限定されているからです。

しかし、新宿、渋谷、池袋という副都心3大エリアは網羅していますし、外国人観光客の多い秋葉原にも店舗があり、都内ではインパクトのある出店をしています。

そして何が凄いかといえば、そのメニューです。「改めてナポリタンはうまいと言わせたい!」というキャッチフレーズどおり、基本メニューは、ナポリタンとミートソースのみで勝負しているところ、それだけで東京・埼玉の都市部中心に10店舗ですから、その美味しさは、お分かりいただけるかと思います。

 

■ B級ぽさがたまらない

ここまで読んで、それなら明日はオシャレにパスタランチを!と思われた方には、誤解を与えてしまったかもしれません。そんなオシャレさは期待しないでください

昔からある、昭和の時代に家庭で作られていた、あるいは昔からある洋食屋さんで出されていたような、少し焦げ目があるような、色がしっかりついている、やや太めのスパゲッティーなのです。どこか懐かしい、失礼ながらB級グルメだと思ってください。

でも、B級グルメと言いつつ、実は多くの人が懐かしくて求めている味であったりもするのだと思います。だからこそ、これだけ展開して、ひっきりなしにお客が来店しているのだと。フォークでくるくる巻いて・・・といったものではなく、フォークですくって、思い切り口に吸いこむような、ガッツリ系のスパゲッティーが醍醐味のお店です。

 

■ トッピング全部乗せ

このお店の基本は、先程も書いたように、ナポリタンとミートソースです。これに、トッピングをチョイスできるわけです。

わたしは厚切りベーコン、目玉焼き、ソーセージがお勧めですが、その他にもエビフライやポテサラ等々、様々なトッピングをチョイスできます。

そして、一番ド迫力なのが、トッピング全部乗せなるメニューです。

お値段1,240円なのですが、山のように積まれたトッピングは、思わず眺めてしまうことでしょう。もちろん超高カロリーでしょうから、健康志向の方には不向きなメニューですが、ガツンと食べたい食欲旺盛な人には、ぜひチャレンジしていただきたいメニューです。話題の一つになること間違いないでしょう。

 

スパゲッティーの「パンチョ」という名前を聞いて、かつてプロ野球のドラフト会議でお馴染みだったパンチョ伊東さんを思い出してフラリと入ったのがキッカケで、定期的に通うようになったお店ですが、今や10店舗を構えるまでになりました。

LINEでは、トッピングが当たるクジが送られてくるなど、たまに導かれるように行きたくなるんですよね。何より昔懐かしいナポリタン、ナポリタンはうまい!と思います。