MASA日記

働き方、お金のこと、趣味のこと、ニュースなど、徒然なるままに書いています

気になるニュース 12月16日~12月22日

12月23日 土曜日 気になるニュース

 

おはようございます。

毎週土曜日、「気になるニュース」を日付とともに書くとき、ほぼ水色文字にするのですが、今日は天皇誕生日が重なった土曜日です。朱色文字にするのが新鮮です。

それにしても冷えますね。我が家の駐車場にある2台のクルマは、ガラスが凍り付いています。新聞を取りに出たとき、思わず手もみしてしまいました。残り1週間ほどになった2017年、今週の「気になるニュース」です。

 

■「蘇我駅の男子トイレに称賛の声」(乗りものニュース2017年12月19日)

通勤通学の朝、帰省・観光シーズンのSA・PAなど、トイレで人が行列すること、よくありますね。女性用は常に混雑の印象がありますが、男性用も個室は混雑します。

そんなときに起きる男性用ならではの問題、それは、並んでいる人が個室利用なのか小便器用なのか、列最後尾では判断できないケースです。小便器利用の際、散々並んだ挙句に”実は個室利用の列だった”というガッカリ感は避けたいですし、一方で並ばずに進んで”実は小便器用の列だった”ときは並び直すハメになります。

これを解決した、いたってシンプルな方法が、千葉県のJR蘇我駅にあります。床は大きく3つに色分けされ、大便器の絵の列、小便器の絵の列、そして出口と、ハッキリ導線を分けているのです。加えて壁等にも文字と絵で案内しています。

駅トイレのリニュアルも多く見ますが、非常に簡潔で費用も嵩まない方法で、とても素晴らしいと称賛の声が上がっているそうです。もっと普及して欲しいですね。

 

■「男性下着販売『日本一』が福山に」(山陽新聞2017年12月18日)

今度は男性の下着の話です。

男性下着の販売数日本一の売り場はどこでしょう?という問いの答えは、広島県福山市にある天満屋ハピータウンポートプラザ店が正解だそうです。

グンゼの主力商品「ボディワイルド」を扱う全国約4千の店舗の中で、5年間トップを快走しているのだとか。福山に行ったことがある方は分かると思いますが、有名な企業(福山通運洋服の青山、ベッセル等)が本社を構える広島県内東部の主要都市ながら、規模としてはそれほど大きく感じません。その街で、多い日には1日1,000着以上売るというのですから、実力は本物ですね。

その秘訣はとてもアナログで、発注をかける月曜日の地道な作業にあります。タグを一点一点チェックし、売れ筋のサイズや形状、色を把握して、過去の販売履歴や今後の気候変動も加味した上で発注するというもの。人工知能やコンピュータ管理が発達している今、逆にこうしたヒトによる経験値や判断が活かされているのが嬉しいです。

 

■「クモなのに脚10本『ヒヨケムシ』日本で初」(毎日新聞2017年12月21日)

発見、という意味では大きなニュースでしょう、「ヒヨケムシ」という、日除けという言葉に愛らしさを覚えて画像を見て愕然としました。気持ち悪い・・・。

そもそもわたしは”足が多い”虫は大の苦手で、特にムカデという生き物は子どもの頃に嫌というほど見て嫌悪感しか持っていません。被害に遭ったこともありますし。

で、「ヒヨケムシ」です。発見した方は「サソリのような生き物」と思い虫かごに保管し、市立博物館に持ち込んだ後、国立科学博物館の専門家により正体判明に至ったのですが、なんでも「世界三大奇虫」だそうです。輸入された住宅資材に付着してた可能性があるそうですが、日本で発見されたのはこれが初めて。記事では無毒と書いていますが、ネット上では危険なことも書かれており、いずれにしても出会いたくない虫です。ちなみに残る二大奇虫も画像を見ましたが、苦手な方は見ない方が良いでしょう。

 

■「津波被災地で発見の白骨遺体、室町時代の女性だった」(河北新聞2017年12月21日)

同じく、発見でも、コチラは少し興味深い記事です。

今年5月、宮城県亘理町吉田須賀畑で発見された女性の白骨遺体を鑑定した結果、宮城県警亘理署は「事件性は問えない」と結論付けました。

それもそのはず、発見された人骨は、なんと400年以上前、室町時代のものだったと判明したからです。ここまでくると、恐怖とかサスペンスではなく、ミステリーだとか考古学といった様相を帯びるわけで、興味深ささえ覚えます。

東日本大震災による津波被害のあった場所で、震災前は宅地だったそうですが、かつて室町時代にもそこに暮らしがあったことの証左ですね。考古学で用いる「放射性炭素年代測定」という方法、凄いと思います。

 

■「タヌキたち逃げて!」(おたくま経済新聞2017年12月22日)

今週最後は、ちょっとホッコリする!と話題のネタです。

北海道は函館に程近い渡島半島の路上、この寒い時期にタヌキ2匹と出会ったモトキさんが描いた漫画をtwitterに上げたところ、大きな反響を呼んでいるそうです。

北海道は自然の宝庫、わたしも住んでいたときは乗馬をしたり、放牧された牛を見たり、キタキツネやエゾシカシマリスなどと遭遇したこともありますが(ヒグマはありません)、タヌキもちょくちょく登場するそうです。

モトキさんのクルマが近づいたときタヌキ2匹の行動、反応が愛らしく、しかもちょっと間抜けなオチまでついているから、思わずクスクス、そしてホッコリします。気になった方はネットで探してみてください。こんな心和む話題が多くなると嬉しいです。

 

以上、今週の「気になるニュース」でした。